いまオススメのネタはと言われれば、間違いなく答える魚、それは鰯です!

梅雨の時期に一年のうちで最も脂の乗る鰯ですから、光り物がお好きな方なら食べない手はありません。

みなさんご存知のように、八幡鮨では光ものは基本的に酢締めにしています。

脂の乗った光ものは、生で食すよりしっかり締めて、寝かせてから食べたほうが断然美味しい!

鰯と並んで旬を迎えつつある魚に鯵があります。

鯵は生でももちろん美味しいのですが、これをあえて締めて食すと、噛みしめるほどに旨味が口の中に迸るのです。

話はすこし逸れますが、昔のすし屋は旬というものに結構こだわっていたそうです。

もちろん八幡鮨もかなりこだわっていますが。

例えば小肌。

これはどちらかというと寒い季節に美味しくなる魚ですね。

この小肌を夏にも出していると「あの寿司屋は駄寿司屋だ」などと馬鹿にされたのだとか。

逆に冬には痩せてしまう鯵を冬場に出していると、また同じようなことを言われてしまうそうです。

たしかに、小肌も鯵も或いは他の魚でも、旬から外れると味も変わってしまいます。

いまではうちも含め、多くのすし屋が通年で小肌を置いていますが、旬から外れた時期には扱わないのも選択肢のひとつなのかもしれませんね。

それにしても、駄寿司屋なんて言葉もあるのですね。

そうすると、子供の頃によく通った駄菓子屋さん。

あれはちょっとばかり失礼な言い方でしたね。

せめてお菓子屋さんと呼べばよかった(笑)

20140627-003101-1861951.jpg

20140627-003101-1861058.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です