旬とはこういうことなんです

これが何の写真かお分かりですか?

20140716-025456-10496410.jpg

専用の大鍋で煮た穴子なんですね。

見てください、この脂。

煮上がって落し蓋を取ると、こんなにも脂分が浮いてきます。

煮ているあいだに、これだけのあぶらが出てくるのですね。

もちろんだからと言って、煮上がった穴子がパサパサになってしまうわけではありません。

軽く炙ってから握る八幡鮨の穴子はフワトロの極致。

瞬く間に口の中でとろけてしまいます。

冬場のそれもじゅうぶんに柔らかいのですが、やはり旬のいまは超絶です。

ここでちょっと煮汁について。

穴子の煮汁は、何度もつぎ足しながら使います。

毎回冷蔵庫に仕舞うまえに、あぶらやあくを掬い、きれいに濾してからしまいます。

こうして穴子の旨味が凝縮されてきた頃に、これを使って煮つめを作るのですね。

とはいえ、夏に旬の穴子は、どちらかと言えば塩で召し上がっていただきたいもの。

煮つめがお好きな方には、塩・たれ両方をオススメします!

さて、このように丹精込めて煮上げた穴子。

みなさんどうぞお楽しみくださいね!

コメントを残す