伝説のエース

スポーツにしろ仕事にしろ、エースというのはチームの中でもっとも活躍する人のことを言います。

野球のエースといえばチーム最強のピッチャーをいいますね。

そのピッチャーが打撃でも4番を任されるとなると、そんな存在はそうはいません。

この日来てくれた織田淳哉さんは、早大野球部時代まさにエースで4番の伝説の選手だった人です。

その後読売巨人軍にドラフト2位で入団し、現在も球団の要として大いに活躍しています。

数年前までジャイアンツのスカウトをされていたので、神宮での試合などでたまにお会いしていましたが、お店に来ていただくのは久しぶり。

一緒にいらしたKさんは、彼が現役時代からずっと彼を見守ってこられた御仁です。

この晩は、おふたりに四代目も加わって、野球談義から昔ばなしまで話は尽きず、楽しい夜になりました。

写真は八幡鮨の将来の六代目と一緒に写してもらったもの。

織田さんの入団発表の晩、その足で八幡鮨に来てくれて、会見で袖を通したジャイアンツのユニフォームを生後間もない彼に着せて抱っこしてくれたのです。

20年後にこうして並んでもらうと感慨深いものがありますね。

そしてサインの写真は、織田さんが現役時代に特集になった「Number」から。

このときは、我らが織田さんが特集されているということで、2冊買って大切に保管しておいたのです。

織田さん、Kさん。

またこうしてお会いすることができて心から嬉しく思います。

これからもますますのご活躍を!

IMG_6399.JPG

IMG_6395.JPG

IMG_6397.JPG

IMG_6396.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です