コラボ!

相性というのは何かと大切で、人と人との相性はもちろんのこと、機械の歯車にだって相性があります。

相性がピタリと合うと何事もうまくゆくもので、それは寿司にも当てはまります。

煮穴子には煮つめが合うし、柚子胡椒と塩だっていい。

昆布締めにさらに塩昆布を載せれば、下味の昆布と塩昆布が魚の持ち味を引き立ててくれます。

最近新たな好相性を見つけました。

頂き物のイタリア産パルミジャーノレジャーノを使った、赤身とチーズの組み合わせです。

軽くヅケにした赤身の握りに、すりおろしたパルミジャーノレジャーノをたっぷりめに掛け、さらに塩を少し。

これがなかなかにいいのですね。

見た目の相性もきれいですし、チーズが好きな人には特にオススメです。

江戸前寿司の枠からあまり逸脱するつもりはありませんが、たまにはこんな遊び心もいいでしょう?

IMG_7670.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です