グスタフⅢ世

伝説のスウェーデン国王、グスタフⅢ世の物語を、宝塚宙組公演で観てきました。

国の安寧と民の生活向上に尽力したグスタフ国王。

そんな人間味溢れる国王を、今年退団の凰稀かなめさんが主演します。

宝塚劇場はいつもたいへん人気が高く、大きな東京宝塚劇場が満員の熱気に包まれています。

宙組は、八幡鮨のお客様でもある、副組長の美風舞良さんと蒼羽りくさんも所属する組です。

グスタフⅢ世 白夜の誓いでは、美風舞良さんはグスタフⅢ世の母君役、蒼羽りくさんは家臣の役。

おふたりとも重要な役を演じられています。

そして舞良さんの綺麗なこと!

本物の王侯貴族と見紛うほど美しく煌びやかです。

りくさんはスラリとした長身をいかした役柄で、キレのある動きで観客を魅了します。

後半はレビュー Phoenix。

全体が赤色をイメージしたレビューで、華やかさよりもパッションを前面に押し出したものでした。

終幕後には主役ふたりによる舞台挨拶もあり、101年目の一歩を踏み出すに相応しい舞台でした。

舞良さん、りくさん、ありがとうございました。

(null)

(null)

(null)

(null)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です