俳句

「舌に融くる
鮨あたたかき
鮪かな」
……宇虚人

リンボウ先生こと、林望先生が八幡鮨を詠んでくださった一句です。

リンボウ先生といえば、謹訳源氏物語 全十巻を最近上梓されたことが、とても話題になりましたね。

五代目もまだまだ読みかけですが、十巻揃いで蔵書してます。

その先生がつい先日、俳句集を出されました。

長年にわたって作られた、膨大な数の句の中から厳選した句集だそうです。

自動車がお好きなリンボウ先生だけあって、ローダスターなどの言葉も出てくるなど、声に出してよめば、詠まれたときの情景が目に浮かんでくるようです。

美しい装丁は、グラフィックデザインの大御所、太田徹也さんの手によるものだとか。

俳号 宇虚人

「しのびねしふ」

お気に入りの一冊です。

(null)

(null)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です