文楽

お能、狂言、歌舞伎…

日本の素晴らしい伝統芸能のかずかず。

そのひとつ、人形浄瑠璃を観に連れていっていただきました。

以前からずっと観てみたかった文楽。

ようやく念願叶いました。

演目は「二人禿」と「源平布引滝」。

二人禿の、女の子たちの舞や羽根つきの可愛らしいこと。

艶やかな身のこなしや、しなやかな指先の動きなど、人形とは思えないほど。

源平布引滝は、前日にあらすじを予習しておいたので、物語にとらわれることなく、全体を楽しむことができました。

源平は、前段後段に分けてあり、見応え聴き応えじゅうぶんです。

名人たちの気迫に満ちた語りも身震いするほど。

言葉もわかりやすく、素人の五代目にはいい感じでした。

宝塚のたのしみを教えてくださり、今回は日本芸能の文楽を教えていただきました。

ありがとうございます。

これからも見聞を広めていくよう努めますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です