王女さま

何年まえのことでしたか、ベルギーのアリックス王女が早稲田大学に留学されていたことがありまして、その間王女は八幡鮨によく通って下さったものです。

八幡鮨のお寿司をお気に召していらしたようで、いろんなお友だちを伴って、それはそれは毎週のように。

ご帰国なさる前に、日本テレビの皇室日記という番組が王女の特集を組むことになり、撮影場所は王女さまが日本でいちばんお気に入りの場所でということになりました。

大変光栄なことに、そこに八幡鮨を指定してくださいました。

カウンターでお寿司を召し上がりながら、テレビカメラの前でいろいろなインタビューにお答えになっていらっしゃったことを昨日のことのように覚えています。

そのアリックス王女のお友だちのパトリシアという女性が、先日ブラジルから来日し、日本での最後の午餐はぜひ八幡鮨でと、わざわざ来てくれました。

ちなみにアリックス王女の母君は、元ブラジル国王の娘で、その関係からアリックス王女もブラジルに行かれることが多いとか。

ランチの「特製ばらちらし」を食べながら、王女のことや日本のことなど、あれこれお話をしました。

彼女も今回の来日で、いたく日本を好きになってくれたようで、近い将来またぜひとも日本に戻り、そのときはいの一番に八幡鮨を訪ねるということです。

非常に拙い五代目の英語ですが、微力ながらも草の根外交の一助になれば、これほどの幸せはありませんね。

後日、パトリシアから嬉しいメールが届きました。

一部をここで紹介させていただきますね。

Hello Eiichi!


I have arrived in NY after a long and tiresome flight. I want to thank you once again for your atention and kindness with me, your restaurant is a jewel in Tokyo that I will make sure to return! Japan has won my heart with its elegant and delicate customs. Meeting you and your family was one of the highlights of the trip, thank you so much! 

My best wishes and until next time!
Patricia 

   

写真は上がパトリシア、下がアリックス王女です。

これからも日本とベルギーがより良い関係になりますように。

カテゴリー: すし屋のすし話, 五代目のブログ | タグ: | コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページのトップへ▲