歌の教室

最近「謹訳 平家物語」を出版されたリンボウ先生こと林望先生。

執筆活動のほか、オペラを作られたり、声楽をされたりと、非常に幅広くご活躍されています。

この度、金沢で毎年開催されている、歌謡コンサートにご招待いただき、家族で行ってまいりました。

金沢は、テレビ東京の土曜スペシャル「すし屋が行きたい美味いすし店」の取材で、千取寿司さんにお邪魔して以来です。

そのときは撮影でしたから、観光などまったくしていません。

今回は折角ですから、兼六園や近江町市場などを回ってみました。

北陸新幹線が通ったからでしょう。

街にも公園にも外国人観光客がいっぱいです。

日本の魅力をどんどん知ってもらいたいですね。

夜は待ちに待ったコンサートです。

コンサートはリンボウ先生のご盟友でもある、地元のお医者様 北山先生とのデュオで行われます。

内容は戦前戦後の童謡・歌謡。

朧月夜にはじまり、花かげ、船頭さん、海ゆかばなどなど、童謡や小学唱歌が大好きな五代目にはたまらない内容です。

後半の戦後歌謡では 水色のワルツや山の吊り橋、憧れのハワイ航路など、四代目の好きな曲が目白押し。

となりで目を輝かせながら口ずさんでいました。

リンボウ先生の低く優しく力強いバリトンと、ドクターの伸びやかなテノール、そして美人ピアニストによる美しい伴奏。

いつまででも聴いていたいコンサートですが、そろそろ終盤に。

締めの曲は、滝廉太郎の「花」。

それを聴衆みんなで合唱して終わります。

歌はいいものですね。

今度はカラオケで、小学唱歌を歌おうかな。

素敵なコンサートへのご招待をありがとうございました。

   
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です