文壇バー八幡鮨

先日、新宿の紀伊國屋書店で本を買ってきました。

「GHQと戦った女 沢田美喜」

その数日前に著者の青木冨貴子さんご本人がいらっしゃって、ご本のことなどについてお話を伺い、これはぜひとも読んでみたいとおもい買いに走った次第です。

青木先生がいらしたとなりの席には、偶然にも社会科学部の有馬哲夫先生がいらしていて、青木先生と有馬先生はお知り合いのよう。

有馬先生には、つい先日新著「歴史とプロパガンダ」と「スイス諜報網の終戦工作」を頂戴して読ませて頂いているところです。

そしてもうひと方、作家の先生がいらっしゃいまして、この日は文壇八幡鮨の様相を呈しておりました。

もうひとかたとは、元文藝春秋社常務で、最近「江藤淳の言い分」を上梓された斉藤禎先生。

カウンターに三先生がお並びになりお話をされている様子は、まさに文壇バー。

英語ですし屋のことを「スシバー」と呼ぶくらいですから、あながち間違ってはいませんね。

ですから、いま五代目の手元には4冊の本があります。

速読力の全くない五代目ですから、どれだけ時間がかかるかわかりませんが、ベッドサイドにたくさんの本があるというのは幸せなこと。

毎晩の楽しみが増えました。

先生方ありがとうございます。

IMG_2143

IMG_2144

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です