ベトナム随一の

みなさま、今年はどんな休みを過ごされましたか。

五代目は今年の夏もハノイに行ってまいりました。

今回はベトナム国立交響楽団の本名徹次先生は、日本公演のためご帰国されていて、残念ながらお会いすることはできませんでしたが、ハノイに行けば毎回お世話になる方々と親睦を深められます。

その中のひとり、SUSHI HOUSE友楽寿司のトゥーさんには今回も旅行に連れて行ってもらいました。

旅行とは、ベトナム最高の景勝地 ハロン湾。

早朝に出発し、トゥーさんの運転で走ること約4時間で、たくさんの奇岩がならぶハロン湾に到着です。

ハロン湾では船の上から洋上観光するのですが、船上で食事をするために、まず市場で食材を買い求めます。

こじんまりした市場ながら、魚も野菜もとっても豊富です。

魚などはほとんどが活けもので、アオリイカや海老やシャコなどが泳ぎまわっています。

ヤリイカの子イカや海老、ハタ、ワタリガニなどを活けのまま買い込み、観光船に乗り込みます。

ハノイを発ってから現地に着く直前まで、道中ずっと雨だったのですが、ハロンに着いた途端に雲が去り、以降終日快晴となりました。

穏やかな海に滑り出ると、右に左に大小様々な奇岩があらわれます。

近づくと見上げるような巨岩だったり、寄り添って接吻するような夫婦岩だったり、その姿は本当にさまざま。

自然界の不思議ですね。

岩の中が大きな洞窟になっている「びっくり洞窟」を見学したあとは、船に戻りお待ちかねのお昼ごはんです。

貸し切りの船には専用のコックさんと給仕の女の子が乗っていて、席に着くなり出来立ての海鮮ベトナム料理を食べさせてくれます。

アワビのニョクマム炒めや、茹でたての海老、ワタリガニ、ヤリイカの子、そしてハタの蒸し物。

船の上で調理したものとはとても思えないほど、どれも極上の味わいでした。

食後のベトナムコーヒーを飲みながら、マリーナをめざし、その後はまたトゥーさんの運転でハノイへと戻ってきました。

ベトナムに滞在中はほとんど全食事をごちそうになったので、本当によく食べました。

着いた日は友楽寿司さんで特製ばらちらし、その晩も友楽寿司さんでお寿司、翌日は道中でフォー(トゥーさんはこんなのフォーじゃないと憤慨してましたが、五代目にはじゅうぶん美味しかった)、昼食は上記の海鮮ベトナム料理。

ハノイに戻った晩は、トゥーさん特製のステーキコース料理、そして帰国の朝はトゥーさん友人のラーメン店MIRAKUさんでラーメン、チャーハン、餃子・・・

3日間だけのベトナム旅行でしたが、ハノイのみなさんのおかげで充実した滞在になりました。

ありがとうございました。

IMG_2522

IMG_2524

IMG_2558

IMG_2562

IMG_2603

IMG_2626

IMG_2648 (1)

IMG_2670

IMG_2704

IMG_2696

IMG_2727

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です