深川のポテトチップス

近所のスーパーで買い物していたら、お菓子の商品棚に深川産のポテトチップスが並べられているのに気付きました。

手に取ってみると、やはり北海道は深川市の深川油脂という会社のポテトチップス。

深川といえば息子の六代目と縁のある土地。

これは買わないわけにはいきません。

化学調味料や保存料は一切使わず、オホーツクの焼き塩で味付けしたポテトチップスだなんて魅力的ですよね。

実際の味も結構うす味で、故に後を引いてしまい、気がつけばひと袋が空になっている始末。

欲を言えば、もうすこし増量してもいいかもね。

深川といえば、夏は暑く、冬は厳しいほどの寒い町です。

いま現在の気温も−11°Cで雪が降っています。

はるばる東京までやってきて、早稲田のスーパーで売られているわけですから、これも縁ですね。

これからも商品棚で見つけたら、必ず買って食べますね。

   
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です