音楽家サロン

毎年この時期に開催される、F1モナコグランプリ。

モンテカルロの市街地を駆け抜けるF1マシンの美しさに、いつも惚れ惚れするものです。

そんなモンテカルロから音楽家たちが来日されました。

モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団。

西本智実さんの指揮で、日本ツアーをされているそうです。

毎年春にフランスから来てくれるコレペティトールのアントワーヌの紹介で、その楽団のソリストが八幡鮨に来てくださったのです。

いらしてくださったのは、かなりのイケメン&美女のソリスト。

さすがモナコです。

美味しい肴とお寿司を食べてもらい、共通の友人、アントワーヌの話題で大いに盛り上がりました。

彼らと談笑中にもうひと組音楽家の方々がいらして、カウンターに座られます。

マネージメント会社、東京コンサーツの方々と、作曲家の池辺晋一郎さんのグループです。

池辺晋一郎さんは言わずと知れた、N響アワーの元司会の方で、番組のなかでおっしゃる、先生のジョークによく笑ったものです。

その池辺先生、八幡鮨のカウンターにお座りになるなり、ジョークを連発されます。

五代目がおつまみで富山のホタルイカをお出しすると、「ホタルイカは種類がたくさんあるんだよ、例えばホタルニューオータニとかホタルオークラ、帝国ホタルとかね…」という感じで。

また例えば、先生がドレミファソラシド♩の、シとドを1オクターブ高く歌って、「これはドも高いけど、シも高いど(下高井戸)」ということも言われるわけです。

そんな感じで盛り上がっている先生のグループと、モンテカルロの4人が自然に打ち解けていきました。

すると、お互いに共通の友人が多くいるようで、そこでまた盛り上がり。

音楽界も広いようで狭いのですね。

池辺先生とご一緒された東京コンサーツさんは、新しい事務所をアバコブライダルホールに構えられて、そのブライダルスペースを使って、これから小さな音楽会を催されるそう。

聴衆との距離が近い、趣向を凝らした音楽会だそうで、演奏者との交流などもあるかもしれません。

みなさまもぜひご観覧くださいね。

アントワーヌが繋いでくれた新しいご縁。

こうしてステキなご縁が繋がっていくのは嬉しいものですね。
img_7451.jpg

img_7443.jpg

img_7441.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です