永六輔さんの思い出

四代目の回想。

先日お亡くなりになった永六輔さんは、四代目の中学校の同級生でした。

それも昭和21年から24年まで、三年間ずっと同じクラスでした。

永さんとは、「永くん」「安井くん」の仲で、席は名前順だったのか、永さんが一番前で四代目は後ろだったそう。

永さんはとても明るく目立つ存在で、授業が休講のときなどは、級長に許可を得て教壇に立ち、みんなに色々な話をしたのだとか。

四代目に話しかけてくるときも「ねえねえ、安井くん!」ととても陽気に触れ合っていて、ですから四代目の記憶の中の永さんは笑顔の永さんなのです。

三年生の頃から永さんは演劇が好きになって、若い国語の先生と演劇の話をよくしていたのを、四代目はよく覚えています。

話はそれますが、早稲田中学のときの数学の先生は、なんとリンボウ先生こと林望先生のお父様、国語の先生はその弟さんだったのだそうです。

更に、永六輔さんのお子さんが高校生の時に、リンボウ先生がその子の先生だったというから驚きです。

こんな偶然があるのですね。

世の中面白いものです。

国語を教えていらした林四郎先生は、早稲田の近所でご健在とのことですから、教え子の永さんが亡くなったことをきいて、さぞお寂しい思いをされていることでしょう。

最近、永さんがトークのライブをやられていたとき、四代目がそれを観に行きました。

ライブのあと、メッセージカードを添えた花束を渡しました。

後日届いたのが写真のはがきです。

「いつか八幡鮨で」。

以後病いに伏せられたため、このことは叶いませんでしたが、永さんも四代目のことを思い出してくれていたことでしょう。

永さん、安らかにお休みください。

IMG_8401

IMG_8402

※写真は永六輔さんから届いたはがきです。青いお着物は永さんがデザインした半纏だそうです。

カテゴリー: すし屋のすし話, 五代目のブログ | タグ: | コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ページのトップへ▲