インソールは

すし屋は一日中の立ち仕事です。

朝の9時すぎから夜中まで、途中に少し休憩ができればその間は休めますが、忙しいときはずっと立ちっぱなしなのがすし屋の宿命です。

座れるのは賄いを食べる20分ほど。

ですから、足が疲れないようにしておくのはとても大切なんです。

履物は八幡鮨の場合、革靴を履いています。

どんな履物を履いても、足の裏にかかる荷重は、長時間ですからかなりのものになります。

最近、優れもののインソールを靴にいれることができました。

それまで夜の遅い時間になると足が重くなり、はやく座りたいと思ったものですが、このインソールにしてからは、だいぶ楽になりました。

以前から着圧タイツを着用しているので、このインソールと併せれば効果が上がりそうです。

さて、夜の部も頑張りますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です