第九

日本の年の瀬の風物詩といえる ベートーベンの第九。

今年はN響の第九にご招待頂きまして、それを聴きに行ってまいりました。

数日後には紅白歌合戦の会場になる、渋谷のNHKホールでの演奏です。

指揮者のブロムシュテットさんは来年90歳になられるそうですが、若々しく力強い指揮をされます。

曲も歯切れよい演奏で、小気味良い。

ソリストも素晴らしく、特にバスのパク・ジョンミンさんの声の通りは絶品ものでした。

東京オペラシンガーズの合唱は息がピタリと合っていて、一流らしさを感じます。

素敵な演奏会をありがとうござました。

これからしばらくは、頭の中で第九が鳴りっぱなしになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です