築地市場の取り壊しを見て

豊洲新市場に行くときに、たまにですが車を使うことがあります。

その時は築地市場のすぐ脇を通る新道を行くのですが、そこから築地市場の場内が見渡せる場所があります。

いつもはスムーズに流れているので、場内をよく見ることができないのですが、今回たまたま渋滞していて中を見渡すことができました。

当然のことといえば当然なのですが、そこにはたくさんの大型重機が入っていて、慣れ親しいだ建物を取り壊しているではありませんか。

これには少なからぬショックを受けました。

長年お世話になってきた場所がなくなるというのはやはり悲しいものですね。

ましてそれを目の当たりにするというのは辛いものです。

先ず移転ありきで始まった豊洲の移転問題と築地の再開発。

この先納得のゆく形に、移転は間違っていなかったと言える形になってほしいと願わずにいられません。

カテゴリー: 五代目のブログ | タグ: | コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページのトップへ▲