ロブションさんとの思い出の写真

いまどきは便利なもので、何年か前にアップしたフェイスブックが、「○年前の今日、あなたはこんな写真を載せました」とかなんとか言って表示してくれます。

子供の頃から学生のときまで、ずっとつけ続けてきた数年連用日記を見返すように、それがコンピューター上で見れてしまうのですね。

数日前のフェイスブックが、3年前の今日として、かのジョエル・ロブションさんと撮らせて頂いた写真を呼び戻してくれました。

あのときは新宿に新しく出来たカフェ・ロブションで昼食を摂っているときで、そのお店の前を偶々ロブションさんご本人が通りかかり、私は急いで店から飛び出しご挨拶をさせていただいたと覚えています。

彼のお店ではご本人にお会いしたことはありませんが、恵比寿ガーデンプレイスにあるシャトーレストラン ジョエル・ロブション(ラ・ターブル)さんでも食事をさせてもらったものです。

淡いパープルカラーを基調としたシックで上品な店内で戴くフランス料理は格別でした。

ロブションさんが考案した甲殻類のジュレと生雲丹を組み合わせた逸品や、フォアグラのロワイヤル、シャラン産鴨のロティなどなど、料理のひとつひとつに唸ってしまいます。

残念ながらジョエル・ロブションさんは写真を撮らせて頂いてからまもなくお亡くなりになりましたが、彼の料理はこれからも受け継がれていくことでしょう。

カテゴリー: おすすめグルメ, 五代目のブログ | タグ: | コメントはありません

コメントを残す

ページのトップへ▲