栃木DC

JRが長年やっているデスティネーションキャンペーン。

2年前に始まった今回の栃木デスティネーションキャンペーン(DC)も6月30日で終了です。

最終日の日曜に、JRの大宮から那須塩原まで東武特急スペーシアを走らせるという、なんとも素晴らしい企画がありました。

普段も栗橋以南はJRに乗り入れているスペーシアですが、全線JRを走るというのはなかなかないものです。

発売当日にみどりの窓口で座席をゲットして、その記念すべき列車に乗ってきました。

大宮駅では出発前に、JRと東武鉄道のそれぞれの駅長さんが並んでのセレモニーが行われました。

車内は鉄道好きと思われる人たちで満席です。

重厚感のある東武100系「スペーシア那須野号」は一路那須塩原を目指し、東北本線を北上します。

いつもなら短絡線を通り、東武線に入る栗橋駅を通過し、そこから先は未踏(過去に一度走ったことがあるそうですが)の路線。

子供の頃は女将の実家のある古河まではよく電車で行ったもので、その当時の東北本線の車窓は雑木林ばかりのイメージでしたが、今では家やマンションが林立するアーバンラインです。

五代目はご存知のように、子供の頃から鉄道、殊に特急列車が好きでしたが、乗車経験はさほど多くはなく(子供のお小遣いでは一年貯めても特急なんて乗れませんから)、大好きだった東北特急には一度も乗らずじまいだったのです。

ひばり、やまびこ、はつかり、あいづ、やまばとなどなど、往年の名列車が通ったこの道を、いま東武特急で駆け抜けるのは感慨深いものがあります。

乗車前に買っておいた「牛肉どまん中弁当」を頬張りながら、青々とした田園風景を楽しみましょう。

何度も何度もブログで書いていますが、五代目は列車に乗って田園風景を見るのが何よりも好きです。

稲の育成状況を見るだけで、こんなにはっきりと季節が変わっていくのを感じることができるのは、やはり日本に住んでいるからですものね。

そうこうしているうちに列車は終着の那須塩原、昔の東那須野に滑り込みました。

こんな短距離で特別急行を名乗るのは、昔の特急を知る者にとっては赤面するほど恥ずかしいことですが、それもJRの方針だから仕方ありませんね。

駅では地元の人たちが、勇壮な巻狩太鼓の演舞で出迎えてくれました。

那須塩原では、泉質が素晴らしいことで有名な大鷹の湯でゆったりとお湯に浸かり、ステキな汽車旅を満喫しました。

カテゴリー: 五代目のブログ | タグ: | コメントはありません

コメントを残す

ページのトップへ▲