ニューイヤーコンサート

お正月はウィーンにニューイヤーコンサートでも聴きに行きましょう!

なんてことは夢のまた夢、と思っていたら横浜みなとみらいホールであるではないですか!

ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団のニューイヤーコンサートが。

お正月のよく晴れた午後、横浜のウィーンに行ってまいりました。

久方ぶりのみなとみらいホールは、ニューイヤーらしくステージ前面に色とりどりの花が飾られていてとても華やか。

開演前には中国の獅子舞、休憩時間には雅楽と舞が披露されてお正月気分が盛り上がります。

曲はほとんどがウインナワルツで、あまりワルツを聴かない五代目でも耳にしたものばかり。

指揮者のヴィルトナーさんは元ウィーンフィルのヴァイオリニストですので、途中の曲ではヴァイオリンを弾きながら指揮をしています。

楽団員の方達も演奏の中でコントをしたりして、笑いと感動で進行していきます。

終曲「美しく青きドナウ」の後のアンコールのひとつ、日本の「一月一日(いちがついちじつ)」は身震いするほど良く、オーケストラ演奏でありながら、日本のお正月はいいなあと改めて実感した次第。

そして待ちに待った「ラデツキー行進曲」!

この手拍子こそがニューイヤーコンサートですものね。

正面席、2階席、会場の右半分、左半分、そして全体と、指揮者の合図に合わせて観客が手拍子をします。

会場中が一体となってクライマックスへとなだれ込み、興奮の中で幕を閉じました。

万雷の拍手とブラーボの嵐。

一年の幕開けに相応しいコンサートでした。

カテゴリー: 五代目のブログ | タグ: | コメントはありません

コメントを残す

ページのトップへ▲