職人サブちゃんの新子仕込み

毎年この時期になるとサブちゃんが張り切ります。

なぜかって?新子が登場するからです。

ご存知のように、新子は小肌の赤ちゃんですからとても小さい魚です。

体表も柔らかいので、傷をつけないように丁寧な包丁使いが求められます。

特に出始めの頃の新子はメダカのように小さいので、仕込みはまるでトランプの神経衰弱のよう。

塩と酢の締め加減も繊細さが必要です。

絶妙な加減で仕上げられた新子の握りは、ふわっとして優しい味。

丹精込めて仕込んだ新子をぜひご賞味くださいね。

コメントを残す