夢に見るベトナム

お店に飾ってあるVNSO(ベトナム国立交響楽団)の東京記念公演の碑を見ていたら、急にベトナムが恋しくなり、いろいろ思い出してきた。

  ・・・   ・・・・・  ・・      ・・・

人やたくさんのバイクが行き交うハノイ市内。

夕方に人々が憩うホアンキエム湖を臨むカフェで飲む、甘く濃厚なベトナムコーヒー。

フランス統治時代からの瀟洒な、あるいは壮麗な建物が立ち並ぶ綺麗な街並み。

歩道にびっしりと置かれた、小さく背の低い椅子とテーブル。そこに昼間から屯し人々。

友人の「友楽寿司」のトゥーさんと出かけるドライブ旅行。

ホイアンやダナンの綺麗な海と眩しい太陽。

美味しい海鮮と野菜中心のベトナム料理。

トゥーさんの握る、日本人顔負けの美味しい寿司に打つ舌鼓。

マエストロ本名をはじめ、コンサートミストレスや楽団員たちと行く、本番前の屋台でのフォーやブンの軽食。

ホテル・メトロポールの料理長Denis Groisson氏に頼まれて、フランス料理チームに教えた江戸前寿司の技の数々。

思い出は、順不同に溢れてくる。

行きたいな、ベトナムに・・・会いたいな、みんなに・・・

食べたいなあの美味しい食事を。

そうだ!食べに行こう、ベトナム料理を!

僕が食べたいベトナム料理はただひとつ、野菜炒めなんだ。

シンプルで醤油とオイスターオイルとガーリックを使った、少し甘みのあるしんなりした野菜炒め。

あれとベトナムのジャスミンライスを合わせれば、最強無比のコンビネーション。

全集中で食べてしまう。

近くでそれが食べられるのは池袋東武のロータスパレスだ。

生春巻きもパパイヤのサラダも煮魚も要らない。

炊き込みご飯もいらない。

もっと安いぼそぼそのご飯でいい。

それとあの野菜炒めだ。

豪華にも余計な牛肉が入っているけど、美味しいから許そう。

ここでもまた欠食児童のように平らげていた。

そして思う。またベトナムに行きたい。みんなに会いたいよ。

コメントを残す