東京で繰り広げられる熱き闘い

オリンピック東京大会が熱いですね!

コロナ禍にもかかわらず、世界中の国や地域から多くのアスリートたちが集まって、頂点を目指す戦いを繰り広げています。

体操、水泳、柔道、ソフトボールや卓球、テニス、ボート、スケートボード・・・。

手に汗握る熱戦に、時間のある時はテレビに釘付けになっています。

その中でも、大野将平選手の柔道はとり分け心に残りました。

彼のさむらい然とした姿は五代目の心を打ちました。

試合に勝っても、喜びを表に一切出さず、優勝して畳を降りて初めて笑顔を見せたあの姿。

勝者がいれば敗者がいて、その敗者に思いを至すがために自分の喜びを示す笑顔は出さない。

高貴な精神です。

同時に、卓球混合の優勝のように喜びを爆発させるのも、それもまた素敵なこと。

全ての選手が精一杯闘っていることが美しいですね。

大会期間中、日本はさらにメダルの数を増やしていくことでしょう。

せっかく東京で行われているのですから、多くの試合をじっくりみていくことにしましょうね。

五代目にとっては初めての自国開催ですから熱い声援を送ります!

そうそう、この大会で直接見たかった競技に射撃があります。

今は手放してしまいましたが、20年間猟銃を所持してきた五代目にとって射撃競技は憧れの種目。

世界のトップレベルがどういう射撃を行うのか、間近に観戦してみることが、今大会の夢でした。

射撃人口の少ない日本ですから、どちらかというと観戦者も放映も少ないことが予想されます。

ですから余計に応援してあげたい気持ちがあります。

日本射撃チーム頑張ってくださいね!!

そして全部の種目の全部の選手、頑張ってください!!

写真はクレーのトラップをやっていた頃の五代目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です