紫のカーネーション

夜ベッドに入って目を閉じると、まぶたの裏に鮮やかな光が現れることがあります。

目の前一面がその光で覆われ、部屋の明かりを消し忘れたかなと勘違いするほど明るい光なのです。

一番多く出る色は紫で、他は鮮やかな黄色だったり明るい赤色だったり、深い青色だったりといった具合に。

別に意識したから現れるわけではなく、気がつくと目の前がその色に覆われているといったような感じで。

先日、以前のアルバイトさんがお店に遊びに来てくれて、その時にお土産に花を持ってきてくれました。

なんでも、サントリーさんが開発したムーンダストというカーネーションだそうで、それはそれは美しい色です。

この色合いはどこかで見たことがあるなあと思っていて思い出したのが、前記のまぶたに映る紫の色だったのです。

綺麗でしょう。

目を閉じたら、目の前がこんな色で覆われているなんて、ちょっと幸せな感じなりますね。

美しいお花をありがとう。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません
ページのトップへ▲