春先取り

今年の冬はなんでこうも寒いのでしょう。

寒いのが大の苦手な五代目にとって春は、秋からずっと待ち望んでいる季節。

2月ではまだまだ寒さは緩みませんが、人間と同じで樹木や草花も春が待ち遠しいのでしょう。

春に花開く蕾は、枝全体がうっすら赤味がかるほどに色づきはじめるのが見て取れますものね。

ご存知のように、伊豆の桜、河津桜は2月の寒い時期から咲き始め、一足早くひとびとに春の訪れを告げてくれます。

先日、そんな春を求めて河津に桜を愛でに行ってきました。

このときは毎年恒例の河津桜祭りが始まったばかりで、薄曇りの肌寒い日にもかかわらず、駅前から桜並木のある川縁まで多くの人で賑わっていました。

全体的に二分から三分咲きでしたので、ひとびとも花より団子の感がありましたが、木によっては六分咲き以上に開花のものもあり、そういう木の前には写真の行列ができています。

また伊豆はこの時期は水仙やアロエの時期でもあります。

ですから桜、水仙、菜の花、アロエ、梅…と結構賑やかなものでした。

屋台で搾りたての伊豆産みかんのジュースをいただいて、しっかりとビタミンも補給。

目だけでなく舌にもご褒美をあげましょうね。

帰りは車窓に伊豆七島を眺めながら、読書とコーヒーのひとときを過ごしました。

春よ来い。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

サッチモ

四代目は歌が好きです。

戦後の昭和歌謡と呼ばれる、灰田勝彦や春日八郎、石原裕次郎などをよく口ずさんでいるようです。

洋楽も好きで、若い頃に覚えたナット・キング・コールのToo youngやパティ・ペイジのTennessee waltzもレパートリーのうちです。

先日の昼休みに新聞を読みながら鼻歌を歌っていたので、何かと思いよく聞いてみると、ルイ・アームストロング(サッチモ)のラ・ヴィ・アン・ローズ。

聞けば若い頃に浅草で、若き日のサッチモのステージを聴きにいったのだとか。

しかし、その頃はまだ日本でサッチモはあまり知られていなかったそうで、ホールはガラガラだったのだそうです。

セ・シボンやハロー・ドーリー、チーク・トゥ・チーク、聖者の行進やこの素晴らしき世界などなど、名曲中の名曲を歌ったあのルイ・アームストロングのコンサートがガラガラだったなんて信じられませんね。

それにしても四代目の青春時代は、その当時は「今」だったのでしょうが、現在からすると全てが記憶と記録の時代です。

サッチモのステージに足を運んだり、志ん生の高座を聴きに行ったり、東京タワーが空に向かって伸びてゆくのを見ていたり・・・

これからも当時のいろんな話を聞かせてもらおっと。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

おやすみのお知らせ

誠に勝手ながら、2月11日(月曜日)と3月11日(月曜日)は臨時休業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒宜しくお願いいたします。

カテゴリー お知らせ | コメントはありません

猿丸ジュンジ選手に手ほどきを

みなさんは毎日運動をしていますか。

普段はシャドウボクシングをする程度しか運動と言えるようなことをしていない五代目。

だいぶ体はなまっています。

先日、修斗の猿丸ジュンジ選手がトレーナーをしているジムにお邪魔して、軽く鍛えてもらいました。

鍛えるといっても、ストレッチに始まり、簡単な筋肉負荷運動を少しだけのもの。

しかし少しだけとはいえ、運動不足の体にはキツかった!

その晩と翌朝にはなんともなかったのに、よく晩から猛烈な筋肉痛が始まりました。

このタイムラグは何??

よく、歳をとるほど筋肉痛が出るのが遅くなると聞きますが、まさかここまで遅いとは!

トホホ・・・

筋肉痛が治ったら、もう少し体を動かすようにしよう。

ところで、ジムでの筋トレの後に、グローブをはめてボクシングのミット打ちをやらせてもらいました。

憧れの猿丸選手にミットをしてもらい、ジャブ・ストレート・フックのコンビネーションを教えてもらい、気分はまるでロッキー・バルボア。

楽しかったあ。

猿丸ジュンジ選手、ありがとうございました!

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません
ページのトップへ▲