春先取り

今年の冬はなんでこうも寒いのでしょう。

寒いのが大の苦手な五代目にとって春は、秋からずっと待ち望んでいる季節。

2月ではまだまだ寒さは緩みませんが、人間と同じで樹木や草花も春が待ち遠しいのでしょう。

春に花開く蕾は、枝全体がうっすら赤味がかるほどに色づきはじめるのが見て取れますものね。

ご存知のように、伊豆の桜、河津桜は2月の寒い時期から咲き始め、一足早くひとびとに春の訪れを告げてくれます。

先日、そんな春を求めて河津に桜を愛でに行ってきました。

このときは毎年恒例の河津桜祭りが始まったばかりで、薄曇りの肌寒い日にもかかわらず、駅前から桜並木のある川縁まで多くの人で賑わっていました。

全体的に二分から三分咲きでしたので、ひとびとも花より団子の感がありましたが、木によっては六分咲き以上に開花のものもあり、そういう木の前には写真の行列ができています。

また伊豆はこの時期は水仙やアロエの時期でもあります。

ですから桜、水仙、菜の花、アロエ、梅…と結構賑やかなものでした。

屋台で搾りたての伊豆産みかんのジュースをいただいて、しっかりとビタミンも補給。

目だけでなく舌にもご褒美をあげましょうね。

帰りは車窓に伊豆七島を眺めながら、読書とコーヒーのひとときを過ごしました。

春よ来い。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません
ページのトップへ▲