五代目のブログ

縁起がいいですね

今年も始まりました、花園神社の酉の市。

初日の晩に、お客様がご自身の会社に飾る熊手を持って来てくださいました。

八幡鮨では戦前までずっと熊手を飾っていたそうですが、戦後になってからはやっていません。

ですから見せていただいた熊手は、五代目にとって初めて目にするそれです(いろんな飲食店などでは見たことがありますが、こんな間近に見るのは初めて)。

たくさんの小判がが飾られた熊手に、五代目もそれにあやかれるよう手を合わせました。

八幡鮨も熊手を復活させようかしら。

みなさんにも良いことがありますように。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

モスクワのトップシェフ

海外からのお客様がこの数年でとても増えていることは何度か触れましたね。

それと同時にいろいろなご縁ができて、お友達になったり、お付き合いもするようになりました。

今回もまた新たなご縁をいただき、ロシアの料理界から有名シェフが八幡鮨を訪ねてきてくれました。

彼はミドさんといい、もともとイタリアはフィレンツェの出身ですが、アメリカなどいろいろなところを廻り、今ではモスクワのペスカトーレというレストランのシェフをしています。

最近モスクワにも築地からの新鮮な魚も流通するようになって、料理界で魚というものが身近になってきているとのことで、実際に日本に来て実地で体験してくことになったそうです。

今日の八幡鮨では、彼は主にシャリについて勉強していきました。

シャリ酢の調合や、実際にシャリを切るところを見たり、その温度管理など細部にわたって研究していました。

もちろん触り程度ですが握りも体験してもらい、カウンターの中での仕事にも触れてもらいました。

さすがシェフだけあって飲み込みがとても早く、また同じ料理人として、こちらの状況をとても気にかけて動いてくれます。

西洋の料理のことはあまりよくわからない五代目ですが、彼が厨房にいても違和感がないのは、料理人という共通項があるからなのでしょうね。

どこまで彼の役に立てたかわかりませんが、これが一つの橋渡しになれば嬉しいかぎりです。

バリショイ・スパスィーバ!

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

今年も地元の小学校で

小学6年生を対象に、働くことについての講演をこの何年かさせてもらっています。

教育の一環で、近所の商店や事業所などで彼らが職場体験をするのですが、講演はその前段にあたります。

大変拙い話ですが、今年の6年生も例年のように目を輝かせて、身を乗り出すように聞いてくれました。

今週は実際に職場体験の子を八幡鮨でも受け入れます。

そう遠くない将来、こういったことが彼らの就職や仕事への想いの一助になれれば嬉しいかぎりです。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

秋刀魚

10月になり、空の高さがすっかり秋のそれになりました。

秋の味覚といえば秋刀魚。

今年はちょっと脂ののりがイマイチでしたが、ここにきてようやく少しずつ肥えてきた感があります。

秋刀魚は生で握ってもよし、さっと焼いて大根おろしとポン酢でいただいても良しです。

旬の間にぜひお召し上がりくださいね。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

子供のころの写真が

今から40年以上むかしの写真が出てきました。

五代目が7つか8つの頃でしょうか。

場所は赤坂プリンスだと思います。

たしか柔道の大澤慶巳先生の銀婚式のお祝いの時のものですね。

写っていらっしゃる柔道部OBのお若いこと!(もちろんみなさん今も変わらずにお若いのですが!)

それにしても、五代目はこんなに小さい時から太っていたのですねえ。

ところで、このパーティーで食べたもので鮮烈に記憶に残っているものがあります。

それはストロベリーのアイスクリーム。

初めて口にしたそれに、こんなに美味しいものが世の中にあるんだなあ、と相当に感動したのを覚えています。

ですから、今でも一番好きなアイスクリームはストロベリーなんですよ。

え?そういうものばかり食べているから痩せないんだですって?

おっしゃる通り。

これからは大人らしく節度を持って食べる様にしますです(笑)

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

暖簾を新調

山崎豊子さんの小説が好きで、いくつか読んだことがあります。

不毛地帯、沈まぬ太陽、運命の人…

どれも骨太で読ませる内容でした。

初期の作品で「暖簾」という作品があって、いつか読んでみようと思っています。

暖簾といえばお店の入り口に掲げてあり、そのお店の顔であり、お店そのものを表す言葉としても使われますね。

八幡鮨の暖簾は通年で白地のものを使います。

そんな暖簾も、毎日日差しや雨風に晒されて、月日とともに擦り切れたりしてきます。

お店の顔がへたっていたり汚れていてはいけません。

そこで今回、一枚新調いたしました。

前回は京都の暖簾屋さんで設えてもらいましたが、今回は地元大隈通り商店街の名店、栄屋染工場さんにお願いしまして、素晴らしい仕上がりの暖簾を作って戴きました。

真っ白な地に黒字で清く潔く「鮨」の一文字。

写真をご覧ください。どうです、綺麗でしょう?

のれんの端をちょいと跳ね上げて、どうぞお入りくださいまし。

美味しい魚とお酒が待ってます。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

ベトナムにて

みなさん夏休みはどのように過ごされましたか。

あるいはこれからお休みを取るという方もおりましょう。

八幡鮨ではお盆の時期にお休みを頂戴しまして、2年ぶりにベトナムに行って参りました。

例によって、友人のハノイ友楽寿司のご主人トゥーさん一家と、そして今回はその親戚の豊寿司キエンさん夫婦も一緒です。

全てトゥーさんにおんぶにだっこの旅行で、行き先はベトナム最南端の島フーコック島。

まだほとんど開発の手が入ってないこの島は、本来ニョクマムと胡椒と真珠で有名な島でもあります。

予約してもらったのはリゾート風の宿でしたが、生憎お天気に恵まれず、プールやビーチでのんびり過ごすということが叶いませんでした。

でもトゥーさんに島内観光に連れていってもらい、地元の市場や公園や食堂など、ツアーの旅では触れることのできない素敵な場所に行くことができました。

それにしても毎回ベトナムを訪れて思うことですが、ベトナムの人はとても優しいですね。

それに何より食事が美味しいのです。

主食の白米は、少し硬めに炊いてあり、噛むほどに美味しさと風味が口中を満たしてくれます。

食べ方も日本と同じで、お茶碗を手に持って食べますから、それだけで親しみが湧いてきます。

香辛料も辛いものはほとんど使いませんから、刺激物の苦手な五代目にはうれしい限り。

みなさんもぜひ、麗しの国ベトナムに足を運んで見て下さいね。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

F1マシン!

たまたま立ち寄った、池袋の東武百貨店催事場に、往年のF1マシン Tyrrell P34(日本では当時タイレルと呼んでいました)の実車が展示してありました。

F1がどんなものかも知らない小学生の時分、車より断然電車が好きだったのにもかかわらず、タイレルP34だけは知っていましたから、余程話題になっていたのでしょうね。

なんと言ってもタイヤが6個も付いているのですよ!

斬新なフォルムは、賛否両論あれど、当時のファンを魅了したことでしょう。

今回はタミヤ模型が、自社の所有車を展示したらしいのですが、まさか本物を目にすることができるとは思いもしませんでした。

カッコいいですよ~

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません
ページのトップへ▲