五代目のブログ

ピンバッジ

東京五輪が2年後に迫ってきましたね。

八幡鮨でもオリンピック・パラリンピック気分を盛り上げるべく、白衣の襟にピンバッジを付けています。

そして五代目の襟には日越両国の国旗のピンバッジも光っています。

ベトナムといえば先日の春の叙勲で、お客様のトラン・ヴァン・トウ早稲田大学社会科学学部教授が受勲なさいました。

長年の日本とベトナムへの功績によるものだそうです。

ベトナム大使館のホームページにあるトラン先生のお写真を、先生の許可をいただいたのでお載せしますね。

とても素敵です。

心より御目出度う存じます。

さて、ベトナムのことでもうひとつ。

このブログではすでにお馴染みの、VNSOことベトナム国立交響楽団の来日公演が、来たる7月に行われます。

指揮はもちろん、ベトナム音楽界第一人者の本名徹次先生。

日程は大阪公演が7月18日水曜日の19:00から、ザ・シンフォニーホール。

東京公演は7月20日金曜日の19:00からサントリーホールです。

曲目などは添付のチラシをご覧くださいね。

ベトナムの心優しい音色をぜひにお楽しみくださいませ。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

SL大樹

大型連休があけた途端に季節が逆戻り。

眩しいほどのゴールデンウィークは夢の彼方ですね。

五代目はそのうちの一日を使って、日光までSLに乗りに行ってまいりました。

お目当は最近運行を始めた東武鉄道C11型「SL大樹」。

このC11はもともと北海道で、「SL函館大沼号」などで活躍していたもので、それを東武鉄道が借り受けている形のようです。

五代目はその「SL函館大沼号」にも以前乗車していますから、同じ機関車で二度目の体験です。

編成はタンク型の小型蒸気C11を先頭に、すぐ後ろにはなぜか緩急車のヨ8000(五代目は子供の頃からこの緩急車が大好きで、いつの日かヨ8000に住みたいとまで思っていました)を挟み、14系客車3両と最後尾にDE10形ディーゼル機関車という編成です。

運転区間は下今市〜鬼怒川温泉とごく短い区間ですが、久しぶりの蒸気機関車体験に心踊ります。

客車は国鉄時代の14系客車。

寝台特急さくらやみずほが、これの寝台タイプを使用していましたっけ。

ただ14系客車で残念なのは窓が開閉できないことで、煤煙や蒸気の匂い、汽笛やドラフトの音が全く感じられないことです。

それに編成の後ろにはプッシュするためのDE10ディーゼル機関車が付いていて、協調運転するために、蒸気機関車が全然本気を出さないことも凄まじく残念です。

北海道を走っているときは、結構本気で走っていたので余計ですね・・・

乗っていて感心したのは、沿線の方々が手を振ってくださることでしょうか。

手を振ってくれるとこちらも童心に帰り、思わず振り返してしまいますものね。

駅の数でいえばほんの数駅の短い区間ですから、瞬く間に終点に着いてしまいます。

ホームに降りてすぐに先頭の機関車に駆け寄り、車内では味わえなかった音や匂いやフォルムを楽しみました。

次はしっかりとした力走を楽しませてくれるといいですね。

※写真の赤い機関車が後押し用のDE10、屋根のある可愛い車両がヨ8000です。最後の2枚は北海道当時のC11です。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

健康の秘訣

四代目の健康の秘訣はお酒なんだそうです。

毎晩二合から三合のお酒をやるそうで、自分で好みの温度に燗をして、それを手酌でやるのだとか。

お酒を飲む前にある儀式があるそうで、それをするとお酒がさらに美味しくなるんだとか。

その儀式とは運動です。

仕事から帰ってお燗をつけている間に、腕立て伏せ、腹筋、スクワットと、それぞれ20回ほどやってからお酒を始めるそう。

そんなことをしたら、お酒の回りが早くなってしまうのではないかと心配になりますが、そこがまたいいと言っております。

お酒をあまり飲めない五代目には、その辺りは理解し難いのですが…

それにしても昭和一桁生まれの84歳にして、これだけの運動を毎晩こなすのは大したものです。

これからも健康を維持してくださいね。

お酒は百薬の長を越さないように…

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

シダレモモの季節

神田川が桜の花筏で綺麗になっている頃、早大正門通りではシダレモモの並木が満開になりつつあります。

毎年この時期は、夜のウォーキングでこの正門通りを江戸川橋まで往復することにしていて、往きも復りもシダレモモを楽しんでいます。

このブログでもなんども書きましたが、シダレモモの花は赤、白、薄桃色と三色の花が咲き、その三色がひとつの木に全色咲くこともあるのです。

木の中に赤い花の部分、白い花の部分といったふうにすみ分けて咲いていることもあれば、ひとつの枝に複数色の花が混在していることもあり、一本一本の個性を見ながら歩くのがとても楽しいのです。

夜風がだんだんと気持ちよくなってきているこの季節、お散歩を楽しんでみては如何ですか。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

普段着の桜

東京ではこのところ、暖かく晴れた日が続いています。

そのおかげで今年は桜を長く楽しめますね。

満開になってから随分と経ちますが、いまだにあまり葉桜になっていないのですからこれは記録でしょうね。

それにしても、今年ほど桜を見た年はありません。

お花見をしたわけではないのですが、街を歩いているだけで、或いは電車で移動するときにも、至る所で満開の桜を目にします。

こうしてみると、東京はどこもかしこも桜の名所なのではないかと思えてきます。

人のたくさん集まる名所ではなしに、日常生活の中で目にする桜を愛でるのも一興かもしれませんね。

これからも良いお天気が続きますように。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

東北新幹線バス!

東京〜新函館北斗を最速4時間2分で駆け抜ける、東北・北海道新幹線はやぶさ。

E5、H5系は一部区間で320km/hでの営業運転をしています。

メタリックグリーンのボディが、いかにも速そうなイメージですね。

先日ウォーキングをしていたら、幹線道路をはやぶさと見紛う車両が走ってきました。

すわっ!新幹線の公道輸送か!

と思ったら、なんとそれはJRの長距離路線バスではないですか。

いやはや、何ともかっこいいデザインです。

営業速度は最高100km/hでしょうが、シートは3クラスだったりして。

バスでグランクラス、グリーン席、普通席なんてクラス分けしてあったら面白いでしょうね。

いっそのこと、2階建てバスはE4系MAXの塗装にしたらいいですね。

なんて下らない夢を描いてしまいました。

ちなみに五代目の従兄弟は茨城で総和観光というバス会社をやっていて、そのバスのデザインもかっこいいんですよ。

これは、その従兄弟がデザインしたもので、目にされた方も多いのではないでしょうか。

お花見旅行や研修旅行など、貸し切りバスをご利用の際は是非ご用命くださいね。

なんて、最後は宣伝になってしまいましたね(笑)

総和観光株式会社
電話0280-77-0379

バスのご案内

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

栄養と料理4月号をぜひに

本日3月9日発売の「栄養と料理」4月号。

そのなかの小沼純一先生(早稲田大学文化学術院教授)の連載「おいしい時間の流れる場所は…」で八幡鮨をご紹介いただいています。

小沼先生の語り口とステキな店内イラストが、読む人を八幡鮨のカウンターへ誘います。

是非是非お読みください!

特集記事の母の味も見逃せません。

ボリュウムある内容でたっぷり楽しめます。

ぜひ本屋さんでお求めくださいね。

カテゴリー おすすめグルメ, 五代目のブログ | コメントはありません

大好きな吉野家さん

このブログで何度話題にしたか分かりませんが、美味しいのでまた書きます。

そうです、築地市場内の吉野家一号店の牛丼のこと。

築地に行くときは、3回に1回は食べる吉野家さん。

いつも通っているので、お店の人も五代目の好みを覚えていてくれて、顔を見れば「いつものね!」と言って出してくれます。

五代目の好みとは、牛皿の特盛とご飯。

牛皿は葱抜きつゆ抜きで、ご飯はゴルフボールほど。

はじめのうちは、ご飯の量は普通でも一口分でも金額は同じだから、たくさん食べないと勿体無いよなんて言われてましたが、今では何も言わずに出してくれます。

しかしここ最近、牛皿に変化が起こっています。

変化って?葱抜きのはずが葱が入っているんです。

それもネギダク(ねぎたくさんの略です)の域で・・・

どうやらいつものおねえさん、勘違いして僕が葱好きだと思っているよう。

出してくれるときにニッコリ笑いながら、「葱をたくさん入れといたからね」と言って。

笑顔で言われてしまうと、無下に否定するわけにもいかず、黙って頂くことにしています。

ねぎは体にも良いでしょうから、これからはバランスの取れた朝ごはんになりますね!

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません
ページのトップへ▲