五代目のブログ

ベトナム食遊記?

暑かった夏もそろそろ落ち着きつつありましょうか。

皆さま体調は大丈夫ですか。

さて五代目は夏休みを利用して、ベトナムに行ってまいりました。

ハノイ友楽寿司のトゥーさん夫妻と、西湖(ホータイ)のすし処ゆたかのキエンさんご夫婦とで。

前半は、中部の都市ダナンへ、後半はハノイへといった感じです。

ダナンは行くたびに街が変貌していて、高いビルやリゾートホテルが雨後の筍のように出来てきています。

インバウンドと旺盛な国内需要による発展が見て取れますね。

滞在はダナン郊外のインターコンチネンタル・サン・ペニンシュラというところ。

山の上にあるホテルで、南国の樹々のなかに点在するコテージでは、野鳥のさえずりや猿の啼き声(本当にたくさんの猿が生息しているんです!)、眼下の海岸の波の音などが聞こえてきて、バルコニーに出て目を閉じれば、日々の緊張がゆっくりと解けてくるのが分かります。

夜は彼らとベトナム料理に舌鼓を打ちながら、いろいろと語り合いました。

すし屋同士で気心もしれていますから、一緒にいてとても楽なのです。

後半のハノイでは、友楽寿司の2号店、ホータイ・ビュー・スシこと楽寿司さんや、すし処ゆたかさん、そしてラーメン処 味楽(ミラク)さんで美味しい食事をご馳走になりました。

ハノイでの宿はトゥーさんのご自宅に泊めてもらい、そこでもお手製のフォーをご馳走になるという、相変わらず食べることが中心の夏休み。

秋を待たずに、天高く◯肥ゆる……になって帰ってきました。

食べ物ついでにもうひとつ。

大好きなメトロポールホテルのフレンチレストラン、ル・ボリューで夕食をとった折、ユーモアたっぷりのメニューがあり、思わず頼んでしまいました。

その名も「President Trump &Chairman Kim Foie Gras」。

ベトナムでの米朝首脳会談の食事会で、両首脳が食べなかった幻のメニューのようです。

味はクセもなく、すこぶる美味でした。

さてさて、現実に戻ったらダイエット再開ですね。

ベトナムの皆さん、ありがとうございました。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

携帯用Uクリーン

江戸蕎麦の名店、ほそ川さんのご主人がうちにいらっしゃる時はいつも、ご自分専用のナプキンとそれを吊るすチェーンを持参されます。

その様が格好良くて、五代目も外食するときは自分のチェーンを持参することにしています。

ナプキンは行ったお店のものを使わせてもらうとして、それを着けて食事をすると、なんとなくジェントルマンになった気分になれたりして。

でもナプキンをきちんと着けているときに限って食べこぼしをしてしまうものですよね。

先日も食事中にソースが跳ねてしまい、服がシミになってしまいました。

こぼしたモノにもよりますが、洗剤をつけて根気よく手洗いしてもなかなか落ちないもの。

八幡鮨に戻ってくれば、いつもの万能洗剤「Uクリーン」があるので、すぐに綺麗になってしまうのですが、外食となると持ち歩くわけにいかないので、少なくとも帰るまではどうしようもありません。

こんな時に携帯用のUクリーンがあればなあ、なんて思っていたら、遂にそれが登場しました!

サイズは駅弁に付いている紙のお手拭きぐらいです。

こんなに小さいのに性能はとても優れています。

実験に、普段つけている白衣の前掛に醤油をこぼし、しばらく染み込ませてから携帯用Uクリーンで擦り拭きしてみました。

Uクリーン不織布の大きさは小さいので、何度か折り返して拭いたところ、写真のように全く分からないほどに落ちてしまいました(今回は広い範囲に醤油をこぼしたので、2枚のUクリーンを使いました)。

このあと前掛を乾かしてみると、完全に綺麗になっています。

短時間で、それも簡単に汚れを落とせてしまうなんて便利です。

八幡鮨では、この携帯用Uクリーンを常備していますので、もし食べこぼしなどをなさいましたら、お気軽にお声がけくださいね。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

栃木DC

JRが長年やっているデスティネーションキャンペーン。

2年前に始まった今回の栃木デスティネーションキャンペーン(DC)も6月30日で終了です。

最終日の日曜に、JRの大宮から那須塩原まで東武特急スペーシアを走らせるという、なんとも素晴らしい企画がありました。

普段も栗橋以南はJRに乗り入れているスペーシアですが、全線JRを走るというのはなかなかないものです。

発売当日にみどりの窓口で座席をゲットして、その記念すべき列車に乗ってきました。

大宮駅では出発前に、JRと東武鉄道のそれぞれの駅長さんが並んでのセレモニーが行われました。

車内は鉄道好きと思われる人たちで満席です。

重厚感のある東武100系「スペーシア那須野号」は一路那須塩原を目指し、東北本線を北上します。

いつもなら短絡線を通り、東武線に入る栗橋駅を通過し、そこから先は未踏(過去に一度走ったことがあるそうですが)の路線。

子供の頃は女将の実家のある古河まではよく電車で行ったもので、その当時の東北本線の車窓は雑木林ばかりのイメージでしたが、今では家やマンションが林立するアーバンラインです。

五代目はご存知のように、子供の頃から鉄道、殊に特急列車が好きでしたが、乗車経験はさほど多くはなく(子供のお小遣いでは一年貯めても特急なんて乗れませんから)、大好きだった東北特急には一度も乗らずじまいだったのです。

ひばり、やまびこ、はつかり、あいづ、やまばとなどなど、往年の名列車が通ったこの道を、いま東武特急で駆け抜けるのは感慨深いものがあります。

乗車前に買っておいた「牛肉どまん中弁当」を頬張りながら、青々とした田園風景を楽しみましょう。

何度も何度もブログで書いていますが、五代目は列車に乗って田園風景を見るのが何よりも好きです。

稲の育成状況を見るだけで、こんなにはっきりと季節が変わっていくのを感じることができるのは、やはり日本に住んでいるからですものね。

そうこうしているうちに列車は終着の那須塩原、昔の東那須野に滑り込みました。

こんな短距離で特別急行を名乗るのは、昔の特急を知る者にとっては赤面するほど恥ずかしいことですが、それもJRの方針だから仕方ありませんね。

駅では地元の人たちが、勇壮な巻狩太鼓の演舞で出迎えてくれました。

那須塩原では、泉質が素晴らしいことで有名な大鷹の湯でゆったりとお湯に浸かり、ステキな汽車旅を満喫しました。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

利尻・礼文産バフンウニ

今年もやってきました。

利尻・礼文産の雲丹の季節が!

6月から8月の短い漁期の間しか食べることができない希少な雲丹です。

確か去年はエサとなる昆布が少なく、雲丹の漁獲高も少なかったと記憶しています。

今年はどうでしょう。

初入荷のこの雲丹はかなりの良品ですから、これだけ見れば期待できるのですが。

どうか豊漁になりますように。

そして、多くの方に楽しんでもらえますように。

カテゴリー おすすめグルメ, 五代目のブログ | コメントはありません

爽やかな季節ともしばらくお別れ

例年より長く続いた爽やかな季節もとうとう去ってしまい、東京は梅雨に入りました。

そりゃあ晴天ばかりじゃみんな干上がってしまいますから、恵みの雨はありがたいんですが、これからひと月以上もとなるとなんですね。

陽気も暑かったり涼しかったり、蒸し蒸ししたりそうでなかったりと、体調を管理するのが大変になってきます。

みなさんもお寿司を食べて、どうかご自愛くださいまし。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

ロブションさんとの思い出の写真

いまどきは便利なもので、何年か前にアップしたフェイスブックが、「○年前の今日、あなたはこんな写真を載せました」とかなんとか言って表示してくれます。

子供の頃から学生のときまで、ずっとつけ続けてきた数年連用日記を見返すように、それがコンピューター上で見れてしまうのですね。

数日前のフェイスブックが、3年前の今日として、かのジョエル・ロブションさんと撮らせて頂いた写真を呼び戻してくれました。

あのときは新宿に新しく出来たカフェ・ロブションで昼食を摂っているときで、そのお店の前を偶々ロブションさんご本人が通りかかり、私は急いで店から飛び出しご挨拶をさせていただいたと覚えています。

彼のお店ではご本人にお会いしたことはありませんが、恵比寿ガーデンプレイスにあるシャトーレストラン ジョエル・ロブション(ラ・ターブル)さんでも食事をさせてもらったものです。

淡いパープルカラーを基調としたシックで上品な店内で戴くフランス料理は格別でした。

ロブションさんが考案した甲殻類のジュレと生雲丹を組み合わせた逸品や、フォアグラのロワイヤル、シャラン産鴨のロティなどなど、料理のひとつひとつに唸ってしまいます。

残念ながらジョエル・ロブションさんは写真を撮らせて頂いてからまもなくお亡くなりになりましたが、彼の料理はこれからも受け継がれていくことでしょう。

カテゴリー おすすめグルメ, 五代目のブログ | コメントはありません

バラの季節

この時期は生命溢れる季節。

太陽は輝き、何種もの花が咲き乱れ、樹々は芽吹く。

梅雨の前の、最も過ごしやすい陽気のとき。

そんな中、近くのデパートでバラ展が開催されていたので見に行ってきました。

バラというからには屋上庭園で開催されているものと思っていたら、なんと屋内の会場です。

しかし、ここが屋内か?と見紛うほどよく作られていて、会場に足を踏み入れるとかぐわしいバラの香りが立ち込めています。

普段フラワーショップやお家の庭先で見かけるバラはだいたい決まった姿かたちをしていると思うのですが、バラ展で見るそれは、バラとはこうもとりどりの色や形をしているものかと感心するほど。

情熱的なものもあれば、しっとりと咲いているものもあり、見る人の心まで豊かにしてくれます。

会場の一角には瀟洒な洋館の庭先に上品でハイセンスなガーデニングを施している様を展示してあったり、お家の中に見立てた空間に効果的にアレンジメントしてあったりと、その部屋の中までお邪魔してお茶でもご馳走になってこようか、なんて気にすらなってっきます。

帰りには、会場の外でバラの即売会をやっていて、綺麗なプリザーブドローズをお土産に持って帰りました。

今後も綺麗な花の季節はまだまだ続きます。

次は百合園に行って見ようと思います。

花の季節。目の保養にいかがでしょう。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

ラ・フォル・ジュルネ2019

毎年この時期に開催されている音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ」。

東京国際フォーラムのたくさんのホールを使って多様・重層的に行われるコンサートイベントで、ずっと行ってみたいと思っていたものです。

今日のお目当の演奏は、曽我大介さん指揮の早稲田大学交響楽団(ワセオケ)公演。

曽我先生は八幡鮨のお客様でいらっしゃるうえ、楽団のヴァイオリンの子が今アルバイトで働いてくれているので、とても楽しみにしてきました。

そしてそして極め付けは、曲目がなんと「フィンガルの洞窟」ときているんです!

つい先週、それも平成最後に行ったコンサートがフィンガルでして、令和最初のコンサートもまたフィンガル。

こんなことってありますか(ちなみに昨日仕事中にBGMで偶然流れていたのもフィンガルなんです!)!

演奏会2曲の演目のうちのもう一つ、ベルリオーズのラコッツィ行進曲も華やかで聴きごたえ抜群。

先生の情熱的な指揮と相まって、ワセオケの演奏は素晴らしかった!

皆さんもぜひラ・フォル・ジュルネに足を運ばれてはいかがでしょうか。

良いゴールデンウィークを。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません
ページのトップへ▲