ぴったんこカンカン

ぴったんこカンカンきたる5月9日の火曜日、18時55分、TBSテレビ(CH6)でぴったんこカンカンという番組に八幡鮨が出ます。どうぞごらんください。
3月25日、丸山弁護士と安住アナウンサーが撮影にこられました。丸山先生が早大生時代、いつも八幡の前を通り、いつかこの店に入りたいと思っていたそうです。そんな風に思っていただいてうちも幸せです。

土曜スペシャルの再放送

4月21日金曜日の午後1時30分から土曜スペシャル「すし屋が行ってみたいうまいすし屋」が再放送されます。前回お見逃しの方はぜひご覧ください。

宴会の余興に落語は如何?

宴会の席で落語。なんてオツなことしてみませんか?

金馬一門で、真打ち間近の金兵衛さん。歯切れのよい古典落語でめきめき頭角をあらわしてます。その彼の高座を目の前で。お酒がすすむこと請け合いです!

詳細はご予約時に。

* 金兵衛さんの都合に依り、高座はお請けできない場合もございます。

八幡鮨のホームページができました!

八幡鮨のホームページができました!
その日その日で変わる新鮮なオススメのネタや寿司屋がそっと教える寿司のトリビアを紹介します。
寿司に関する疑問も受け付けていますので、お気軽にコメントください。

旬とはこういうことなんです

これが何の写真かお分かりですか?

20140716-025456-10496410.jpg

専用の大鍋で煮た穴子なんですね。

見てください、この脂。

煮上がって落し蓋を取ると、こんなにも脂分が浮いてきます。

煮ているあいだに、これだけのあぶらが出てくるのですね。

もちろんだからと言って、煮上がった穴子がパサパサになってしまうわけではありません。

軽く炙ってから握る八幡鮨の穴子はフワトロの極致。

瞬く間に口の中でとろけてしまいます。

冬場のそれもじゅうぶんに柔らかいのですが、やはり旬のいまは超絶です。

ここでちょっと煮汁について。

穴子の煮汁は、何度もつぎ足しながら使います。

毎回冷蔵庫に仕舞うまえに、あぶらやあくを掬い、きれいに濾してからしまいます。

こうして穴子の旨味が凝縮されてきた頃に、これを使って煮つめを作るのですね。

とはいえ、夏に旬の穴子は、どちらかと言えば塩で召し上がっていただきたいもの。

煮つめがお好きな方には、塩・たれ両方をオススメします!

さて、このように丹精込めて煮上げた穴子。

みなさんどうぞお楽しみくださいね!