念願のフィンガルの洞窟

会いたい人に何十年と恋焦がれて、漸く出会えたような感動。

そんな感動を味わってきました。

それは人でなく音楽。

中学の頃に買った、オットー・クレンペラー指揮メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」。

そのB面に納められた「フィンガルの洞窟」(The Hebrides)は、聴くうちにだんだんと好きになり、毎年夏至の晩に「真夏」を聴くときに一緒に聴き込んで
きたものです。

ですから今日は感動もひとしおでした。

演奏会では土屋邦雄さん指揮、フィルハーモニア・アンサンブル東京さん演奏のコンサートで、オープニング曲として演奏されたフィンガル。

土屋先生のダイナミックな指揮と、楽団の滑らかであり力強い演奏は、荒々しい波が打ち寄せる洞窟を私の目の前に浮かび上がらせます。

終わったあと一人最後まで拍手をしてしまったほどです。

本当に本当に幸せな音楽会、幸せな時間でした。

素晴らしい贈り物をありがとうございました。

カテゴリー 五代目のブログ | 2 コメント

エンタツアチャコ

日本の漫才の祖でもあるエンタツアチャコさん(横山エンタツと花菱アチャコ)のサインがあります。

戦前から戦後にかけて絶大な人気を誇ったお二人。

このサインは戦後大隈講堂で演じた時のものだそうで、当時戸塚のボスだった当店二代目に描いてくれたもの。

これは四代目から聞いた話なのですが、戦後は漫才などの舞台ができる講堂といえば日比谷講堂と共立講堂、それに大隈講堂しかなかったそうです。

今では全てが歴史ですね。

幸い八幡鮨にはそういった歴史的なものが数多くありますので、これから少しずつですがお見せしていきたいと思います。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

ゴールデンウィーク期間のお知らせ

街には色とりどりの花が咲いて春真っ盛りですね。

そして間もなく御代替り。

ゴールデンウィーク期間中に当たりますが、お休み中の方もそうでない方も気持ちよく新しい時代をお迎えしたいですね。

さて、八幡鮨ですがゴールデンウィークは後半の5月3〜6日にお休みさせて頂きます。

その他の休日に関しましては17時〜21時30分の営業とさせていただきます。

みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー お知らせ | コメントはありません

京都で料理のお勉強③

竹茂楼さんでの食事のあと、車で京都の市内をいろいろと案内していただきました。

平安神宮に始まり、八坂神社、南座、二条城、京都御所などなど。

京都在住の方の説明はとても興味深く面白く、時間も瞬く間に過ぎてしまいます。

歩き疲れたわけではありませんが、佐竹さん行きつけの喫茶の名店「虎屋」さんでひと休みします。

東京の虎屋さんですお茶をしようと思っても、混んでいて店内に入るだけでもかなり待つことになりますが、こちらは待つこともなくすぐに案内していただけました。

虎屋さんのお庭はとても綺麗で、細部に至るまで手が行き届いています。

お庭!京都の凄いところのひとつはここなのですね。

パノラマ撮影で撮った写真でもお分かりのように、小ぢんまりした敷地の中に水路を配し築山とお社まであり、庭の中程は短く刈った芝にして広さを演出しています。

そんなステキなお庭を前に、外の席でお茶にします。

五代目は好物の白玉あんみつと抹茶のグラースを頂きましょう。

お庭を眺めながらの甘味とお茶は格別ですね。

その後、佐竹さんの道場を見学させていただき、四条の錦市場を案内していただいてから別れました。

夕暮れの先斗町をそぞろ歩き、夜の新幹線で東京に戻りました(京都に行って帰るときに「帰京」という言葉を使うのをどうも臆してしまって…)。

今回の京都への旅は、ステーキ四季さんや佐竹さんのお陰で、とても有意義なものになりました。

大変おおきに。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

新元号

いま東京では桜が見頃を迎え、あちらこちらで満開の桜を見ることができます。

桜は花も葉もつけていないとどれが桜の木かあまり認識しませんが、こうして満開の桜を見ると、こんなにもたくさん、こんなにもいたるところに桜が植わっていたものかと感嘆するものです。

そしてこの季節はまた、新しい季節の始まりでもありますよね。

新しい学校、職場、生活が始まっている方も多いのではないでしょうか。

4月1日には新しい元号である「令和」も発表されました。

五代目はこの令和は良い印象として受け止めていますが、皆さんはどうでしょう。

開花した桜のように、令和の時代も平和で良い時代になりますように。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

築地市場の取り壊しを見て

豊洲新市場に行くときに、たまにですが車を使うことがあります。

その時は築地市場のすぐ脇を通る新道を行くのですが、そこから築地市場の場内が見渡せる場所があります。

いつもはスムーズに流れているので、場内をよく見ることができないのですが、今回たまたま渋滞していて中を見渡すことができました。

当然のことといえば当然なのですが、そこにはたくさんの大型重機が入っていて、慣れ親しいだ建物を取り壊しているではありませんか。

これには少なからぬショックを受けました。

長年お世話になってきた場所がなくなるというのはやはり悲しいものですね。

ましてそれを目の当たりにするというのは辛いものです。

先ず移転ありきで始まった豊洲の移転問題と築地の再開発。

この先納得のゆく形に、移転は間違っていなかったと言える形になってほしいと願わずにいられません。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

京都で料理のお勉強②

今回の旅は、特段観光をするというわけでなく、謂わば食の経験を積もうと思い立ってきたものです。

ですから食事はより美味しくいただくのが、作ってくださる方への敬意にもなると思います。

翌朝は琵琶湖の畔をウォーキングし、午後の食事をより美味しく頂くために体調をととのえておきましょう。

2日目は京都の老舗料亭「美濃吉 竹茂楼」さんにお邪魔します。

このお店、八幡鮨にいつもいらしてくださる元K-1の佐竹雅昭さんのご親戚のお店でして、大変光栄なことにこの日は佐竹さんにご一緒していただきました。

蹴上、東山界隈の落ち着いた雰囲気の中に竹茂楼さんはあり、名前の通り見事な竹が植えられた玄関が出迎えてくれます。

お部屋からはこれまた見事なお庭が眺められ、そんな中で佐竹さんと乾杯のあと、美味しいお料理が始まります。

3月はお雛様ということで、それにちなんだ春らしい前菜の盛り合わせから。

食前酒には白酒が供されますが、下戸に近い五代目ですから、白酒ひと口で赤いお顔になってしまいます。

続くお造りは、岩魚によこわ、それに青利烏賊。

いわなのお刺身なんて初めていただきましたが、身が締まってすこぶるつきの美味しさです。

味は川魚だけあって淡白ですが、歯ごたえがしっかりしていて、噛みしめるほどに旨味がでてきます。

三品目は料理長自らが目の前で作ってくださる椀物、「琵琶湖産氷魚と若竹のスッポン出汁椀」。

氷魚(ひうお)とは稚鮎よりさらに小さい鮎の赤ちゃんのこと、それと京都の筍を、これまた贅沢にスッポンを2時間かけてじっくりと取った出汁でお椀にしたものです。

こんな贅沢なお椀がありましょうか。

かすかな苦味があり繊細な氷魚と、春の香りが鼻に抜ける柔らかい筍を、しっかりとした味わいのスッポン出汁が見事に調和させてくれます。

その内容とビジュアルの贅沢さは、まるで盆と正月がいっぺんに来たような感じです。

お次は平目のふきのとう味噌焼き。

滋味な白身に京都の白味噌、そこから立ち昇る凝縮された春の息吹が堪りません。

この間、佐竹さんは専ら日本酒を召し上がっていらっしゃるのですが、これがまた品の良いものでして、聞けば女将の故郷、淡路島のお酒だそうです。

さてさて好物のお肉が出てまいりました。

お肉というと何となく西洋料理のイメージがありますが、日本料理でも懐石の流れの中でお肉料理が必ずと言っていいほどに登場しますね。

そして次のお皿は、平貝とうるいの土佐酢ジュレと黄身酢掛け。

これがまた絶品でして、絶妙な柔らかさの土佐酢ジュレと少し甘のきいた緩めの黄身酢が、平貝を引き立てます。

後日談ですが、帰ってから早速同じ感じのものを作ってみました。

戴いたものの足元にも及ばないかもしれませんが、そこそこに美味しくできたと思いますので、機会がありましたらお召し上がりくださいね。

いい感じにお腹がふくれてきたところで、締めのお食事でございます。

竹茂楼さん名物の、鰻の蒲焼きご飯。

五代目は鰻が大の好物ですから、これはもう堪りません。

蒸しも入った感じの蒲焼きには、実山椒が天盛りされていて、これがまた食欲を呼び戻してくれるのです。

最後に爽やかな水菓子をいただいて、贅沢なお食事を終えました。

佐竹さん、料理長さま、ありがとうございました。大変素晴らしい経験になりました。

※③に続きます。

カテゴリー お知らせ | コメントはありません

京都で料理のお勉強①

五代目は以前、日本料理を故 志の島忠先生に少しですが教えて頂いていたことがあります。

料理に触れれば触れるほど、直截的な寿司とは違い、繊細緻密で手間暇かけるというイメージが大きくなります。

もちろん寿司もいろいろと仕事を施してはいますが、主眼はやはり鮮度と手早さにあると思いますので、日本料理とは距離があるように感じます。

最近京都に行く機会があり、そこでふたつの和食(鉄板焼と京懐石)を戴いてきました。

鉄板焼は以前にもお邪魔した、精華町のステーキ四季さん。

四季さんは、何年か前にベトナム国立交響楽団(VNSO)が来日し、奈良の東大寺大仏殿で演奏会をしたときに寄らせていただいて以来の訪問になります。

美味しいのにとてもリーズナブルで、遠くなければ足繁く通いたくなるほどのお店です。

鉄板焼はコースになっていて、先ずは前菜として鰆のサラダ仕立てからのスタート。

東京ではあまり鰆のお刺身を食べることがないのですが、関西ではごく普通に食べられているそう。

軽く皮目を炙った厚切りの鰆は脂が乗っていて、野菜とドレッシングに絶妙にマッチします。

最初から食欲に火がついてしまいましたね。

次のお皿は人参のポタージュで、味に和のテイストが入っているらしく重層的な味わい。

さて次はメインのお肉かなと思いきや、その前になんと五代目が一番好きな食べ物、フォアグラ(オア)の登場です。

これはもう高揚感マックスですね!

ここでようやくお肉の登場。

きめの細かいサシの入った、奈良のブランド牛「大和牛」のサーロインとヒレ、それを焼き加減はシェフおすすめのミディアムで戴きます。

古代大和王朝のあった大和の名を冠するだけあって、総合的なレベルも高めです。

塩と胡椒だけのシンプルな食し方は、まるで雅楽の持つ幻想的なテイスト。

美味しいものをゆっくりと食べるというのができない性分で、瞬く間にお皿の上が綺麗になってしまいます。

まだあと200gはいけるかなあというところですが、腹八分目でやめておくのが美味しく食べるコツですよね。

ですからお代わりはせずに、別室でのデザート&コーヒーに移りましょう。

最初から最後まで満足しきりの大和牛鉄板焼。誠にごちそうさまでした。

大和牛の余韻に浸りながら、近鉄京都戦〜JR東海道線と乗り継いでその日の宿泊先の大津プリンスホテルに向かいました。

追記、
その日は琵琶湖マラソンの開催があり、ホテルにチェックインすると、偶然にも向こうから優勝者のサラエディーン・ブナスル選手が月桂冠を手にやってきたので、心からのおめでとうを伝えることができました。

カテゴリー おすすめグルメ, 五代目のブログ | コメントはありません
ページのトップへ▲