シダレモモの季節

神田川が桜の花筏で綺麗になっている頃、早大正門通りではシダレモモの並木が満開になりつつあります。

毎年この時期は、夜のウォーキングでこの正門通りを江戸川橋まで往復することにしていて、往きも復りもシダレモモを楽しんでいます。

このブログでもなんども書きましたが、シダレモモの花は赤、白、薄桃色と三色の花が咲き、その三色がひとつの木に全色咲くこともあるのです。

木の中に赤い花の部分、白い花の部分といったふうにすみ分けて咲いていることもあれば、ひとつの枝に複数色の花が混在していることもあり、一本一本の個性を見ながら歩くのがとても楽しいのです。

夜風がだんだんと気持ちよくなってきているこの季節、お散歩を楽しんでみては如何ですか。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

普段着の桜

東京ではこのところ、暖かく晴れた日が続いています。

そのおかげで今年は桜を長く楽しめますね。

満開になってから随分と経ちますが、いまだにあまり葉桜になっていないのですからこれは記録でしょうね。

それにしても、今年ほど桜を見た年はありません。

お花見をしたわけではないのですが、街を歩いているだけで、或いは電車で移動するときにも、至る所で満開の桜を目にします。

こうしてみると、東京はどこもかしこも桜の名所なのではないかと思えてきます。

人のたくさん集まる名所ではなしに、日常生活の中で目にする桜を愛でるのも一興かもしれませんね。

これからも良いお天気が続きますように。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

東北新幹線バス!

東京〜新函館北斗を最速4時間2分で駆け抜ける、東北・北海道新幹線はやぶさ。

E5、H5系は一部区間で320km/hでの営業運転をしています。

メタリックグリーンのボディが、いかにも速そうなイメージですね。

先日ウォーキングをしていたら、幹線道路をはやぶさと見紛う車両が走ってきました。

すわっ!新幹線の公道輸送か!

と思ったら、なんとそれはJRの長距離路線バスではないですか。

いやはや、何ともかっこいいデザインです。

営業速度は最高100km/hでしょうが、シートは3クラスだったりして。

バスでグランクラス、グリーン席、普通席なんてクラス分けしてあったら面白いでしょうね。

いっそのこと、2階建てバスはE4系MAXの塗装にしたらいいですね。

なんて下らない夢を描いてしまいました。

ちなみに五代目の従兄弟は茨城で総和観光というバス会社をやっていて、そのバスのデザインもかっこいいんですよ。

これは、その従兄弟がデザインしたもので、目にされた方も多いのではないでしょうか。

お花見旅行や研修旅行など、貸し切りバスをご利用の際は是非ご用命くださいね。

なんて、最後は宣伝になってしまいましたね(笑)

総和観光株式会社
電話0280-77-0379

バスのご案内

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

寿司屋の玉子焼き

お寿司屋さんへ行くと卵焼きを食べる方が多いかと思います。

お店によって出汁の甘さや焼き色加減が様々あり、卵焼きひとつで楽しめます。

自分で焼き始めたのは1年目からですが、簡単にはいかないものでした。

自分で焼いたものがお店の味としてお出しするので、早く上手く焼ける様になりたいと一生懸命でした。

まずは焼き上がった時に全体の高さが揃う事、断面の層からバラバラに崩れない事を意識して焼いていました。

細かい点となればまだまだありますが、まずは基本を押さえて焼ける様に研究しました。

研究する上で四代目からこの卵焼きは握りづらいと一言。

ただ焼くだけでなく、握りにしても良しとなる様に四代目の言葉を忘れずに数をこなしながら、昨日よりも今日、今日よりも明日と上手く焼ける様にしました。

もちろん今でも経験から得たものからフライパンを握ります。

卵焼き以外でも仕込みは毎日、腕を上げる為にも常に研究しています。

明日も美味しい卵焼きを焼きます。

カテゴリー 北島サブのブログ(サブログ) | コメントはありません

栄養と料理4月号をぜひに

本日3月9日発売の「栄養と料理」4月号。

そのなかの小沼純一先生(早稲田大学文化学術院教授)の連載「おいしい時間の流れる場所は…」で八幡鮨をご紹介いただいています。

小沼先生の語り口とステキな店内イラストが、読む人を八幡鮨のカウンターへ誘います。

是非是非お読みください!

特集記事の母の味も見逃せません。

ボリュウムある内容でたっぷり楽しめます。

ぜひ本屋さんでお求めくださいね。

カテゴリー おすすめグルメ, 五代目のブログ | コメントはありません

大好きな吉野家さん

このブログで何度話題にしたか分かりませんが、美味しいのでまた書きます。

そうです、築地市場内の吉野家一号店の牛丼のこと。

築地に行くときは、3回に1回は食べる吉野家さん。

いつも通っているので、お店の人も五代目の好みを覚えていてくれて、顔を見れば「いつものね!」と言って出してくれます。

五代目の好みとは、牛皿の特盛とご飯。

牛皿は葱抜きつゆ抜きで、ご飯はゴルフボールほど。

はじめのうちは、ご飯の量は普通でも一口分でも金額は同じだから、たくさん食べないと勿体無いよなんて言われてましたが、今では何も言わずに出してくれます。

しかしここ最近、牛皿に変化が起こっています。

変化って?葱抜きのはずが葱が入っているんです。

それもネギダク(ねぎたくさんの略です)の域で・・・

どうやらいつものおねえさん、勘違いして僕が葱好きだと思っているよう。

出してくれるときにニッコリ笑いながら、「葱をたくさん入れといたからね」と言って。

笑顔で言われてしまうと、無下に否定するわけにもいかず、黙って頂くことにしています。

ねぎは体にも良いでしょうから、これからはバランスの取れた朝ごはんになりますね!

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

オーキッド

東京ドームで毎年開催されている「世界らん展」。

お客様からチケットを頂いたので、花ごころはありませんが行かせていただきました。

いつものグラウンドが違う目的で使われているのが少し違和感がありますが、客席を下ってフィールドに降りると至るところ蘭の花。

いろんな種類の蘭が、いろんな作品として展示されています。

花のことが全くわからない五代目ですが、それらがたいへん美しいことだけはわかります。

中でも、胡蝶蘭を大波に見立てた作品は圧巻で、作品を下から見ると、まるで波に呑まれるよう。

それも蘭の波ですからステキですね。

沖縄の美ら海水族館からは、魚の展示も来ていて、人々の目を楽しませてくれていました。

色とりどりの蘭の花と、鮮やかな色を纏った魚たち。

平日の午後にもかかわらず、多くの来場者で賑わう東京ドーム。

心が豊かになりました。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

はじめてのフランス料理(サブログ)

休日には食事へ出かけます。

そこで食やマナーを学ぶ為にフランス料理を食べに行きました。

場所は渋谷の松濤にあるシェ松尾松濤レストランさんです。

味はもちろんですが、店内の雰囲気や御庭が非常に素敵です。

今回はランチにお邪魔しました。

ランチのコースでは食後のデザート、珈琲を含めて8品もあり、ランチでの満足度は最高でした。いずれディナーでも食事をしたいです。

はじめてのフランス料理という事で緊張していましたが、お店の方がにこやかに多くの事を教えてくださいました。

自然と緊張もほぐれ、楽しく食事を楽しむ事が出来ました。

お料理では食材はもちろんですが、ソースや盛り付けなど細部までこだわりを感じるものでした。

なぜなら、ひとつひとつの器に丁寧に盛り付けられたお料理から、旬の食材を生かし味を引き出すと同時に自然と食欲を湧かせてくれる、そんなお料理だったからです。

接客も大変勉強になり、今後仕事に生かしたいも思います。

最後はシェフの方からお話をしてくださり、一緒に写真を撮って頂きました。

こうしてシェ松尾さんのお料理を楽しみ、学ぶことが出来ました。

またお邪魔したいと思います。

大変お世話になりました。ごちそうさまでした。

カテゴリー 北島サブのブログ(サブログ) | コメントはありません
ページのトップへ▲