包丁の柄にガラスコーティング

魚の仕込みには出刃、刺身や寿司の魚の切りつけには柳刃。

寿司屋は大体この2種類の包丁を使って仕事をしています。

包丁はほぼ毎日研いでいますから、だんだんに小型になってきます。

大体ひと回りほど小さくなると新しいものと変えるのですが、使い方によっては刃よりも柄のほうが先にダメになることもあります。

柄は木材ですから、水が浸透したりして脆くなってくるのですね。

そこで、柄にガラスコーティング施した包丁をお客様から頂戴し、それを使って長期間の実験をすることになりました。

木にガラスコーティングをかけるとツルツルして使いづらいという印象を持たれるかもしれませんが、新開発のアークコートは木の手触りやぬくもりがそのまま保たれている優れものです。

八幡鮨では、すでに檜のカウンターやシャリ櫃にもコーティングしてあり性能は実証済み。

使用頻度の高い包丁でどのような変化があるのか、あるいはないのか、今から楽しみです。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

忘年会のご予約承っております(もちろん新年会も!)

いつの間にやら外出にコートが欠かせない季節になりましたね。

師走が間近になってきたこの頃、そろそろ忘年会の話題も出てきているのではないでしょうか。

八幡鮨でも例年通り、忘年会のご予約を承っております。

お寿司の入ったコースで、ちょっと贅沢な宴などいかがですか。

お一人様6000円(お飲物別)です。

ご連絡お待ち申し上げておりますね。

※コースの一例
⚪︎前菜三点盛り
⚪︎お造りいろいろ
⚪︎鰤の幽庵焼き
⚪︎上にぎり寿司
⚪︎お椀

カテゴリー おすすめグルメ, お知らせ | コメントはありません

おやすみのお知らせ

秋がすっかり深まりましたね。

みなさんいかがお過ごしですか。

誠に勝手ながら11月19日月曜日はお休みとさせて頂きます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

カテゴリー お知らせ | コメントはありません

職場体験

大抵は中学校でする職場体験学習ですが、近所の戸塚第一小学校では六年生が毎年いろんなところで職場体験をしています。

八幡鮨でも今年もひとりに来てもらいました。。

毎回良い子が来てくれますが、今年はまた一段と素晴らしい男の子でした。

八幡鮨の職業体験では、ホールと洗い場の両方を担当してもらうのですが、今年の子はほとんど何も教えていないのに、大きく明るい声で「いらっしゃいませ!」、「お待ちどう様です!」、「ありがとうございました!」とやるではありませんか!

小さい頃から剣道をやっていたからか、立ち居振る舞いも端正で、北島くんと六代目にとって良い刺激になったようです。

職場体験の前段として五代目がここ毎年やらせていただいている六年生への講話も、みなさんとてもよく聴いてくれて、戸塚第一小学校の生徒たちの質の高さを改めて実感しました。

六年生の皆さんありがとう。

皆さんの将来が輝けるものになるよう祈っていますね。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

新米です

シャリは寿司の命。

どんなに美味しい魚を使っても、土台となるシャリが美味しくなければ魚もまったく活きません。

茨城は古河の女将の実家で、今年も美味しいお米が穫れました。

八幡鮨専用の田んぼで、特別に育ててくれたコシヒカリです。

普通は用水路から田んぼに水を引いて栽培しますが、専用田んぼにはその田んぼ用に井戸を掘り、その綺麗な水でお米を育ててくれます。

栽培効率はあまり良くないのですが、無農薬栽培ですから安心してお召し上がりいただけます。

ご存知のように新米は水分が若干多いので、炊くときに水加減には注意を要します。

甘みがあってふっくら美味しい新米の握り寿司をお楽しみくださいね。

※写真の升は百年近く使い続けている一升マスで、角は丸くすり減ってしまっていますが、未だにきちんと計れるんです。

カテゴリー おすすめグルメ | コメントはありません

代休のお知らせ

昨日曜日は、早稲田の街は多くの大学OBで賑わいました。

そうです。早稲田大学の年に一度のホームカミングデーだったのです。

以前は卒業25年、50年のOBが帰ってこられたのですが、今は5年刻みになっているようで、いろんな年代の方々で賑わいました。

青春時代に早稲田に集まり散じて、そしてまた何年かしてこの日に集う。

早稲田のこういうところが本当に好きです。

また来年も「旧友再開」を見るのを楽しみにしています。

日曜日はホームカミングデ臨時営業をしましたので、翌22日の月曜日は代休とさせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

カテゴリー お知らせ | コメントはありません

築地は思い出の中に

八幡鮨四代目が生まれたのは昭和9年。

その翌年に開場した築地市場は先日83年の歴史に幕を下ろしました。

東京の、というより日本の台所の役割を長年にわたり果たしてくれましたね。

八幡鮨は二代目から六代目まで、五世代に亘って通い続けました。

その間、戦争や戦後の食糧難、高度経済成長やバブル景気など、いろんな時代が過ぎて行きましたが、どんな時も食の中心としてこの国を引っ張ってきてくれたのが築地でした。

そんな築地に、寿司屋のひとりとして長年お世話になり、育ててもらえたことは本当に幸せなことでした。

何の目的で豊洲に移転するのか未だに腑に落ちないことはたくさんありますが、決まったことは受け入れていくより他ありません。

豊洲がより近代的で安心安全であることは間違いないでしょうから、今後はそこから皆様に喜んでいただける美味しい魚を仕入れていきますね!

築地で培った多くの良いことを、新天地でも生かして、それを次の世代に伝承していけたらいいですね。

築地市場。長い間ごくろうさまでした。感謝。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

おやすみのお知らせ

10月に入りようやく秋めいてきたと思ったら、台風の影響で猛暑復活。

なかなか体がついてきませんね。

さて、立て続けにあった日・月曜日の連休も今回が最後。

おやすみの方は有意義に、あるいはゆっくりと過ごせるといいですね。

八幡鮨ですが、誠に勝手ながら8日月曜日はお休みとさせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

カテゴリー お知らせ | コメントはありません
ページのトップへ▲