2月3日(金)のお昼はお休みいたします

2月3日(金)のお昼は、ご予約の恵方巻の販売をいたしますので、お休みいたします。

夕方は5時から営業をいたしますので、ご来店の際はご予約をよろしくお願いいたします。

写真は瑞雲海鮮恵方巻

日曜大工で

若手の雄哉にこんな才能があるとは思いませんでした。

日曜大工。

お店の入り口の扉が経年からとても重くなってしまいました。

油を挿してごまかしていたのですが、レールも車輪もうまく噛み合わず開閉が思うようにいかない状態が長く続いてたのです。

扉もそろそろ交換かと思っていた矢先に、雄哉が自分でやってみると言って直し始めました。

そして一晩かけて見事に修復。

扉は見違えるように軽くなりました。

北島くんも手先が器用だし、ヤングたちの今後の才能に期待です!

恵方巻のご予約を承っております

2月3日は節分。

今年も八幡鮨では2種類の恵方巻を販売いたします。

特製恵方巻は1,800円、瑞雲海鮮恵方巻は3,800円です。

どちらも2本で1セットとなっています。

1セットにつき、小袋の福豆を1つお付けしますので、ぜひ豆まきしながらお楽しみくださいませ!

ちなみに今年の恵方は南南東です^^

お電話にて承っておりますので、お早めにご予約くださいませ。

SDGsはここでも

持続可能な開発目標、SDGs。

八幡鮨でもいろんな取り組みをしていることは以前お伝えしましたね。

今日はその一環をご紹介します。

この日のSDGsは鰊(にしん)の有効活用。

鮮度抜群のにしん。ギラギラです!

八幡鮨では鰊をよく使います。

鮮度バチバチの北海道産極上にしんを、酢締めにしてから3週間ほど熟成をかけ、握りやお刺身でお出しします。

酢締めしてから3週間熟成したにしん。小骨も溶けてしまってます。

産卵期には当然のことながら、卵や白子をお腹に持っています。

身はそのようにして使いますが、白子はあら煮の出汁で炊いてお通しに、卵は数の子にしてお出しします(この数の子が歯触りがよく、減塩で美味しい!)。

自家製の数の子。減塩で一度も冷凍していません。

そして最後に残る腹骨や中骨は圧力鍋で柔らかくし、フードプロセッサーでミンチにしてからつみれにしてお出ししてます。

このつみれが美味いんですね!

つみれ椀にしたり、揚げてさつま揚げのようにしたり、美味しさもいろいろ。

にしんのあらで作ったつみれ。揚げはんぺんのようで美味しい!

ちなみにつみれの語源は「摘み入れ」。

手に取った生のつみれを、お椀に片手で詰み入れるように投入するところから来ています(むかし日本料理の志の島忠先生に習いました)。

このように鰊ひとつとっても、ほとんど余すところなく使うことによって、無駄をなくしていってるのですね。

限られた資源をこれからも大切に使っていきますので、八幡鮨のSDGsをよろしくお願いいたします!

鰊から数の子を取り出してます
仕込み途中のにしん
仕込み途中の数の子。手間がかかります

どうする家康

昨年暮れに放送されたNHK「ワケあって、このカタチなの」で、お寿司を披露させていただきました。

みてくださった方も多くいらっしゃると思います。

先日、そのときのお礼のお品が届きました。

それはなんと今年の大河ドラマ「どうする家康」のお品。

これは今年も大河を見ないわけにはいかないですね。

いただいたお菓子を食べながら楽しみますね。

NHKオリジナルブレンドの紅茶!

七草粥

これは体の芯から温まりますねえ。

今日1月7日は七草粥。

お正月で疲れた胃にとても優しい。

と言っても五代目がお正月に飽食していたわけではなくて、ほとんど動かなかったから胃もなまってしまってたのですね。

さてしっかりと胃を休めたので明日からまたモリモリ食べよう!なんてもうそんな年齢ではないので、今年は自重していきますね。

お正月明けにはお寿司。これもまた胃に優しいですよ。

ぜひに八幡鮨に足をお運びくださいね!

新年おめでとうございます

八尋白千鳥

あけましておめでとうございます。

冬至を過ぎて、幾分明るさを増した東京のお正月。

みなさまどんなお正月をお過ごしですか。

2023年(令和5年)が皆さまにとって素晴らしい年になりますように。

本年も八幡鮨をよろしくお願いいたします。

写真は飛翔する白鳥です(^^)

良いお年をお迎えください

寒い日が続きますが、みなさま如何お過ごしでしょうか。

本当に早いもので、今年も残すところわずかとなりました。

コロナ禍においても、皆様には大変にお世話になった一年でした。

八幡鮨一同こころから感謝いたしております。

来年もより美味しいお寿司を作ってまいりますので、どうぞお店に足をお運びくださいませ。

良いお年をお迎えくださいますよう祈念いたします。

八幡鮨一同