地元の小学校で

この数年、年に一度地元の小学校で講演をさせていただいてます。

6年生を対象に、仕事とはどんなものなのかを鮨屋の視点で語らせてもらっています。

例年ですとそれに付随して職場体験も行われるのですが、このコロナ禍ですからそちらは中止とのことです。

ですから職場体験の代わりになるように、しっかりとお話ししてきました。

内容は仕事への想いやお客様との繋がり、コロナ禍での苦労話などなど。

質疑応答の時も皆さん的確な質問をされるので、こちらも真摯に答えます。

話の最後には、特別にお寿司の握り方も講義しました。

もちろんイメージしながらの「エアにぎり」ですけど。

今度のお休みには、おうちでお寿司を披露してもらえるかしら。

この日の話が、彼らが将来仕事をするときの参考になれば嬉しいですね。

充実した学校生活と素晴らしい未来をお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です