道具を大切にする心

物を大切にする気持ちは大事ですね。

八幡鮨の若手実力派の北島くんは、殊の外道具を大切にします。

それも職人の魂といえる包丁を、です。

彼の包丁への愛は大したもので、休みの日には行きつけの合羽橋道具街の包丁屋さんに通うほど。

そして、彼の包丁は刀身も大したものなら、柄にもこだわるので結構なお金をつぎ込んでいることでしょう。

北島くんに聞いたところによると、現在柳刃包丁が5本、出刃包丁は3本持っているそう。

その包丁を、どんなに忙しい時でも、毎晩時間を掛けて丁寧に研いで磨いています。

これを愛情と言わずして何と言いましょう。

道具を大切に扱えば、道具もそれに応えてくれる。

彼の捌いた魚、切りつけしたお刺身をぜひご賞味ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です