季節を感じます

夏といえば花火に風鈴、西瓜に蚊取り線香・・・。

なんとも涼やかな色合いです。

いろんな夏の風物詩がありますね。

魚で夏の風物詩といえばやはり(シンコ)新子ではないでしょうか。

仕込みが終わり、ネタ皿にきれいに並んだシンコたち。

シンコは出世魚である小肌の幼少期の呼び名で、大まかにシンコ→コハダ→ナカズミ→コノシロと成長していきます。

そしてシンコはまさに今が季節。

大きさによりますが、握り1個につき4枚から2枚付けます。

人それぞれ好みはありましょうが、五代目は2枚付けぐらいに大きくなったシンコの方が好きです。

それはシンコに小肌らしい味わいが出てくるから。

小さくてかわいいでしょう?

これから徐々に大きくしっかりしてくるシンコ。

シンコから小肌へ変わってゆく味の変化もぜひお楽しみくださいね。

一尾を丸付けした小肌。噛み締めるほどに旨味が広がります。

まかない63

暑い日が続いて食欲も若干、ホントに若干ですが落ちてきたこの頃。

あ、もちろん五代目のことです。

そんな時でもモリモリ行けちゃうのが冷やっこですね。

五代目はお酒は飲まないくせに、料理屋さんや居酒屋さんに行くとつい頼んでしまいます。

ですからこの時期のまかないでいちばん好きなのは特製冷やっこなんです!

お豆腐はひとりに一丁宛てなのが八幡鮨流。

それだけで満腹になる量です。

冷やっこというと普通はお豆腐の上におろし生姜と小葱、それに大葉や茗荷を載せるのが定番でしょうが、うちのそれは違います。

低温調理した鶏モモ肉に朝鮮漬け、大葉に茗荷に玉子焼き(スクランブルで)、それに塩揉みきゅうりに炒り胡麻をたっぷりとトッピング。

味付けは市販の胡麻ドレッシングと、辣油か胡麻油を回し掛けて完成です。

タンパク質の塊みたいな美味しい冷やっこ。

夏バテ防止に最適デス(^0^)!

夏季休業のお知らせ

8月に入り早稲田の街もだんだんと静かになってきました。

学生さん達も久しぶりに帰省をしていることでしょうね。

さて、八幡鮨は8月21日から28日まで夏季休業とさせていただきます。

お盆の時期は通常通り営業しておりますので是非にご利用くださいませ。

夏らしい色合いですね

道具を大切にする心

物を大切にする気持ちは大事ですね。

八幡鮨の若手実力派の北島くんは、殊の外道具を大切にします。

それも職人の魂といえる包丁を、です。

彼の包丁への愛は大したもので、休みの日には行きつけの合羽橋道具街の包丁屋さんに通うほど。

そして、彼の包丁は刀身も大したものなら、柄にもこだわるので結構なお金をつぎ込んでいることでしょう。

北島くんに聞いたところによると、現在柳刃包丁が5本、出刃包丁は3本持っているそう。

その包丁を、どんなに忙しい時でも、毎晩時間を掛けて丁寧に研いで磨いています。

これを愛情と言わずして何と言いましょう。

道具を大切に扱えば、道具もそれに応えてくれる。

彼の捌いた魚、切りつけしたお刺身をぜひご賞味ください。

宝美楼さんの絶品ちまき

八幡鮨のご近所に宝美楼さんという街中華のお店があります。

歴史のあるお店で、八幡鮨でもたまにみんなでお邪魔します。

以前、八幡会(やはたかい)というゴルフコンペを主催していた頃は、ゴルフ後のパーティーはこちらの宝美楼さんでやらせてもらったものです。

大勢でたくさんの中華料理をつつきながら楽しく談笑したのが昨日のことのように思い出されます。

そんな宝美楼さんには隠れた人気メニューがあるのです。

常設メニューではなく不定期で販売されるものでいつも頼めるわけではないのですが、そこに希少価値があるのですね。

それは中華ちまき(販売日は店頭に告知されるので、予約をして当日の受け取りになります)。

このちまきがそれはそれは絶品なのです。

皆さんも竹皮に包まれたちまきを見るとテンション上がりますよね!

結いてある紐を解き竹皮を広げると、良い香りを放ちながら大きくて美味しそうな中華ちまきが現れます。

家に持ち帰ってもまだほんのり温かいちまきを、五代目はお箸で食べるなんてしません。

おにぎりのように大きな口を開けてかぶりつくのです。

これが堪らない!

宝美楼さんのそれはネットリしすぎていないところがいいんですね。

大きな角煮、椎茸、栗、うずらの卵、干し海老などなど、具材がこれでもか!というほどたくさん入っていますし。

お味は薄めなのですが、具材のひとつひとつがしっかりしているので全体として良い塩梅です。

以前でしたら2ケは軽くいけましたが、最近は年相応(?)に食が細くなってきましたから、ひとつ頂けば大満足。

皆さんも美味しい本格中華ちまきを是非にお召し上がりください。

感染症対策をしっかりとしています

ご入店、お帰りの際はアルコールによる手指の消毒と検温をお願いします

第7波と言われるコロナ感染症。

感染対策の基本である手洗い・うがいをこまめに、しっかりすることが大事ですね。

八幡鮨でも出来る限りの感染症対策を実施しています。

従業員の日々の体調管理はもちろんのこと、お客様にも安心してご利用いただけるよう色々と心がけています。

店内の換気をはじめ、席間のアクリル板の設置、消毒用アルコールや検温機の設置などなど。

透明すぎて分かりづらいかも。つけ場とお席の間にもアクリル板。そしてお席の間も仕切りを設置してます。

どうぞ安心して美味しいお寿司をお召し上がりくださいませ。

同時にテイクアウトのメニューも充実しております。

ご来店、テイクアウトともぜひご予約をいただければ幸いです。

お待ちしてます(^0^)

お持ち帰りの特上にぎり。人気のメニューです。

Nespressoのない人生なんて

コーヒーが好きで、1日に3〜4杯ほどのコーヒーを飲んでいます。

飲み過ぎも良くないかと思い、2杯で納める時もありますが、ついもう1杯となることも。

ドリップコーヒーも好きですが、家では簡単で美味しいネスプレッソがもっぱらです。

ご存知のようにネスプレッソにはたくさんの味があり、エスプレッソタイプのものからルンゴタイプまで、酸味のある軽めのものから深入りで苦味のあるものまでチョイスできます。

五代目のいちばんのお気に入りは、マイアミと呼ばれるしっかりタイプのエスプレッソを少しうすめに淹れたもの。

以前はリストレットやアルペジオ、インディアという、やはり苦めの味を好んでいましたが、今ではこのマイアミに落ち着いています。

朝はオールブランを入れたヨーグルトとともに、休憩時間中はコーヒーだけか、たまにお気に入りのお菓子をお供にしたり。

カップもお気に入りがあってひとつは写真のもので、20年ほど前に友人の結婚式の引き出物で頂いた、ティファニーのゴールドバンドというものを毎日大切に使っています。

もう一つは大倉陶園の若草色のデミタスカップ。

気分によって変えるのですが、器をかえると味も心なし変わるような気がします。

好きな器で毎日楽しむ変わらぬ美味しさ、ネスプレッソ。

至福のひとときです。

おやすみのお知らせ

気の遠くなるような猛暑がひと段落し、梅雨に逆戻りしたかのようなお天気が続きますね。

みなさまいかがお過ごしでしょう。

誠に勝手ながら、17、18日と連休をさせていただきます。

これから夏本番。

暑さも戻ってくるでしょう。

くれぐれもご自愛くださいませ。