鉄板焼で夏バテ防止しました^^

梅雨明けと共にやってきた猛暑。

食欲の落ちてしまうこの時期ですが、まかないでは冷たいお素麺や冷やし中華、山形名物のダシなど、食欲が落ちないように気を配ったメニューを作ってもらってます。

まかないの「讃岐うどんカプレーゼ」。

これでだいぶ暑さを乗り切れていますが、休みの日はお肉が食べたくなるもの。

もちろんまかないでもお肉はよく出ますし、先日食べた豚肉の柔らか煮などはご飯が進んで困ったほどでした(汗。

そんなわけで先日のお休みに、いつもの鉄板焼「アルティザン」(旧店名 池袋円居)さんに行ってきました。

鉄板焼といえば、去年おじゃました新潟東映ホテルのシェフが焼いてくれた村上牛が忘れられませんが、アルティザンさんの鉄板焼もまた絶品なのです。

新潟東映ホテルでいただいた村上牛。こちらのホテルは鉄板焼もフレンチも美味しい!

お店のある池袋まで歩いて行く道すがら、早稲田大学鉄道研究会の70周年記念写真展がやっていたので、それを堪能してまずは鉄分補給。

早稲田大学鉄道研究会さんの写真集。懐かしすぎて感涙です。

https://wasedarail.wordpress.com ←早稲田大学鉄道研究会リンク

良質な鉄分補給の後は肉分で良質なタンパク質を補給しましょう!

お店に入ると先ずシェフの小原さんが笑顔で迎えてくれます。

小原シェフは先日のキーストーンクラブのキューバンジャズでもご一緒しましたね。

ジャズナイトの時の小原シェフ。この笑顔!

ここアルティザンさんは美味しいのはもちろん、溢れる笑顔とチームワークが素晴らしいんです。

八幡鮨も見習わなくちゃ、って思います。

色とりどりの前菜。ひとつひとつに心が篭っています。
お肉の前のお魚料理は伊勢エビでした!シェフ、贅沢すぎます・・・

さて肝心なお肉ですね。

いつも五代目は大概はヒレをいただくのですが、今日はどうしてもハンバーグをガッツリ食べたかったのでハンバーグを作っていただきました。

黒毛和牛100%(この日は松阪牛!)のハンバーグで、通常240gなのですが、今回なんと500gオーバーのスペシャルバーグです。

絶品!ホントに小顔ぐらいあるのです。

ゆっくりゆっくり時間をかけて焼き上げたそれは小顔の人の顔ぐらいあります。

目の前に置かれたスペシャルバーグに度肝を抜かれた五代目ですが、一口食べたらもう止まりません。

そのままで食べて、鬼おろしで食べて、山葵で食べて、そしてニンニクチップで食べてと、気付いたらあっという間の完食。

ガーリックライスはそのまま食べて、次に特製出汁を掛けていただきます。この食べ方はハマりますよ。

もう大満足です。

いただいた赤ワインに千鳥足になりながら、夜風に吹かれて気持ちよく帰りました。

食後酒に珍しいグラッパも。もうべろべろです(^◇^;)写真は焼き手のヨシさん。

美味しいお肉とお料理、そして素敵な笑顔をごちそうさまでした!

池袋の

https://g896307.gorp.jp ←池袋鉄板焼き ARTISAN アルティザン (情報ページ)

熱中症に気をつけましょう

自由の女神も暑そう^^;

ついこの間に梅雨入りしたと思ったら、早くも梅雨明けの関東地方。

気温もいきなりグングン上昇して最高気温は35度を軽く超え、体感温度は40度は行ってる感じ。

実は五代目、先日熱中症になってしまいました。

水を持ち歩き水分補給もしっかりして、帽子をかぶって、なるたけ日陰を選んで歩いていたのですが、なる時はなってしまうものですね。

帰宅してから少し怠くなったので、それが熱中症だと気付きました。

幸いにしてひと晩で良くなりましたが、これからは過信しないようにしようと思います。

まだ夏は始まったばかり。

外でお仕事をされる方や、やむなく外出される方もいらっしゃることでしょう。

節電の影響もあって、屋内にいてすら危険性はありますから、皆さんくれぐれもお気をつけてお過ごしくださいね。

街路のあじさいが見事に

最近までガクアジサイは紫陽花の蕾かと思っていました

空を見上げると低く垂れ込める雲。

はげしい雨が降るというわけではないですが、毎日すっきりしないのは入梅だからですねえ。

そんな季節でも雨に映えるのが紫陽花。

東京の街には紫陽花が多く植っているのか、至る所で楽しむことができますね。

土壌の成分によって色も違うと言われていますが、だからこそか色とりどりです。

種類も多くあるようで、五代目は最近ガクアジサイがお気に入り。

先日、さらにお気に入りのものを見つけました。

家の軒先に咲いていた白い紫陽花。

こんもりした大きなそれは、まるで生クリームたっぷりのケーキみたい。

そう、パレスホテルや東京會舘の名物「マロンシャンティイ(マロンシャンテリー)」を思い浮かべてしまいました!

このこんもりした感じが美味しそうでしょう?
パレスホテルのマロンシャンティイ。絶品です!

イメージはそこからモンブランに飛び、そうしたらいてもたってもいられなくなり、アンジェリーナにモンブランを買いに走ってしまいました。

白い紫陽花よ。

なんて罪な花なんだ・・・

これも大好物。アンジェリーナのオリジナルモンブラン

まかない62

五代目はもともとギャンブルというものをあまりやらないのですが、学生の頃に競馬がちょっとした流行になっていまして、友人たちと何度か競馬場に足を運んだものです。

あれは確か浦和競馬場だったか府中競馬場だったと思うのですが、そのときに場内の立ち飲み屋のようなところでモツ煮込みをみんなで食べました。

客席スタンドの下の薄暗い空間で、競馬新聞と赤鉛筆を持ったおじさんたちに混じって食べたモツ煮込み。

ビギナーズラックで的中した連複の嬉しさと相まって、今でもその時の味が人生でいちばんのそれです。

ですから今でもモツ料理は好物のひとつです。

特に好きなのはビストロなどで出される洋風モツ煮込みのトリップ(イタリアではトリッパですね)。

高田馬場のラミティエさんでも、メニューにあれば必ず注したものです。

前置きが長くなってしまいましたが、今日のまかないはトリップです!

ハチノスと豆をトマトでよく煮込み、仕上げにコンテチーズをかけています。

これがパンとよく合うんですね。

学生の頃のようにたくさんは食べられませんが、それでも思わずおかわりをしてしまいました。

付け合わせのパンで、ソースの最後の一滴まできれいに食べ切ったのは言うまでもありません😅

ごちそうさまでした。

紫蘇ジュースが出来ました🍹

雨でジメッとしてるこの季節、今年も紫蘇ジュースが出来ました🍹レモンを搾ってさっぱりとした甘さに仕上げました🍋
ビアカクテル「パープル𝓑」も人気ですよ〜🍺甘すぎずビール本来の味わいとマッチしたカクテルです。
ノンアルでも出来ますので是非この機会にお召し上がり下さい😊

セバスチャンのかき氷!

こちらがマンゴーショート。芸術的です。

いよいよ6月に入り暑くて湿度の高い日が増えてきますね。

そんな日に食べたくなるのはなんと言ってもかき氷。

そんな季節にお邪魔したのは、渋谷神山町にあるセバスチャンさん。

しかしこちらのかき氷は、かき氷にしてかき氷に非ず。

どうみてもケーキなのです。

特別な機械で削り出すふわっふわの氷をベースにして、その周りにケーキそのもののデコレーションが施されるかき氷です。

この日いただいたのはマンゴーショートとクレームブリュレ。

頭ではかき氷だと分かってはいるのですが、味も食感もマンゴーショートケーキそのもの。

美味しさの秘訣は手作りのソースにあるような気がします。

コーティングの生クリームもいい味です。

そして何より食感を演出するのは氷ですね。

食べて不思議なのは、氷でありながら冷たさを感じさせないこと。

熱いもの、辛いもの、冷たいものなど、刺激の強いものが不得手な五代目ですが、セバスチャンさんのそれは冷たさを感じさせません。

目を瞑って食べれば、それが柔らかいスポンジに思えるほど。

もうひとつのクレームブリュレも、中にはベリーのソースが入っていて美味しいんです。

ふたつのケーキ、いや、かき氷はナイフとフォークではなく、大きなスプーンで豪快に頂きました。

最近は節制していてケーキから遠ざかっていましたが、これなら気にすることなくいただけます😀

芸術的なかき氷。

ぜひに行ってみてくださいね!

シェフがひとつひとつ真剣に作られています。
こちらはクレームブリュレ。中にはベリーのソースが!
元はバーだって店内はお洒落です。

食彩の王国をご覧ください

5月21日土曜日放送のテレビ朝日「食彩の王国」に八幡鮨が登場します。

今回のテーマは秩父きゅうり。

きゅうりと来ればかっぱ巻きですね。

ぜひお楽しみください。

あさ 9:30からです。