宝物

柔道の大家、大澤慶巳先生が講道館十段を取られたことは前にも書きました。その大澤先生に書を書いていただきました。先生の柔道にもっとも相応しい言葉、「柔能ク剛ヲ制ス」。家宝です。長年うちを愛してくださり、今も毎日欠かさず鮨を食べにきてくださいます。ありがたいことです!
何枚か書いていただいたので写真でご紹介します。
宝物宝物宝物宝物

プロ野球観戦

子供とふたりで東京ドーム、巨人-西武戦を観てきました。何年ぶりかのプロ野球です。やはりナマはいいですねぇ。あの熱気は球場でなければ味わえません。学生の頃は授業の後、友達と神宮などによく観に行ったものですが、働くようになってからはテレビ中継もまったくみなくなり、まして球場に行くなどなっかったので、今日は初めての観戦のようにウキウキしました。
席は3塁ベースのまん前の2列目で、選手に手が届くようでした(ちなみにチケットは戴き物です)。F1レースでの2列目は車の色すら判別できませんが、野球は前のほうがいいですね。結果は巨人のサヨナラですが、試合の流れは少しあっさりしたものでした。もうすこしドラマティックな場面がほしかったな、とは贅沢すぎですね。
それにしても今の子供は野球をあまり観ないのですね。日曜のナイターだというのにこどもが少ないのです。うちも他人のことは云えませんが。
これからはもっと子供に野球を見せようと思いました・・・
かえりはドームから早稲田までふたりで野球談義をしながら歩きました(^^)プロ野球観戦プロ野球観戦

光触媒加工しました!

皆さん、光触媒ってご存知ですか?いまホテル業界はじめ病院や飲食界でも注目のものでして、臭いや菌類、タバコの煙、或いは花粉などを分解してしまうという画期的のものなのです。
このたび当店は1階2階ともその光触媒を施しました。これで衛生面からタバコの煙まで、安心です。ただタバコについては、全体的に控えめにしていただきたいと思います。成る可く美味しくお寿司を味わって戴きたいから・・・光触媒加工しました!

沼津・・

さてブログの続きです。あっという間のロマンスカーの旅で着いた先は沼津。きれいな駅前をしばらくぶらぶら歩きましたが、これといって見るものもなく、仕方なしにタクシーに乗りました。とりあえず海まで行ってもらうことに。海、というか港は思った以上に近く、数分でついてしまいました。
そしてなんとこの日は偶然にも年に一度の海神さんのお祭り。港ではいろんなイベントが行われていました。大勢の観光客でごった返す港は初夏の陽射しと相まって熱気でむんむんしていました。たくさんの若者が一糸乱れず踊るソーラン節はなかなかのものでした。
ところで沼津といえば魚ですよね。ちょうどお腹も空いてきたので美味い地魚でも食べようとお店を探しました。しかしどのお店も長蛇の列です。空腹を堪えて私もならんで待つことに。この店で目当ての食べ物は地魚の天丼。待った甲斐があり、揚げたてアツアツのそれはデリシューでした!でもよく見ると中には、これ地物か???って魚も入ってましたけどね。愛嬌あいきょう(^~^)
帰りに名物の干物をお土産に買いました。いなだの干物です。これは間違いなく地物でしょう!
復路もまた先頭車で電車でGO!沼津・・

トリップトリップ

久しぶりの五月晴れ。それも日曜日。近頃の気候からすると、梅雨の中休みと言った感もありますね。夕方までひとりの時間をもらったので、ぶらり・・をすることにしました。百閒先生のように、用事も無いけど・・沼津へ行ってきました。
小田急新宿からロマンスカーで。あさぎり3号の1号車1A席をゲットです。車輛はJR東海の371系。パッと見、新幹線のようです。片手に開高健さんの「フィッシュ・オン」をたずさえて。旅には小説よりエッセイや紀行文がいいように思います。小説ですと読むことに集中してしまい、折角の車窓がもったいない気がして。
新宿地上ホームを滑り出し、しばらくすると80~90キロのほどよい速度で進みます。くるまで言えばクルージングしている感じです。この速度だとロールもピッチも騒音もほとんど無くすこぶる快適!松田で小田急線からJR東海御殿場線に入ります。二社を結ぶ短絡線を15キロ以下で這うように渡り、この駅で乗務員さんも交替です。自社線に入りこころなし元気になったような371系。運転士さんの指差呼称も小気味よく、足柄を快調に駆けていきます。御殿場線はその昔は東海道本線であり、優等列車は皆ここを通っていました。今では単線ですが、傍らにかつての線路の名残のトンネル、橋脚、或いは遊歩道がはしり、むかしここが日本の大動脈だったことを偲ばせます。山あいの田中には早苗が整然と植えられ、そこで鴨だかが何かを啄ばんでいました。ということは水田の水が綺麗なのでしょう。雨が多かったからでしょうか、なかにはまだ田植え中のところもちらほら。ふと「夏は来ぬ」を口ずさみたくなりました。すこしわき道に逸れますが、私は唱歌や童謡が好きです。学校教育では何故唱歌を歌わせないのでしょう。美しい旋律と奥深い歌詞。たとえそのとき理解できなくても、いつか大きくなって初めてその素晴らしさが解かればいいと思うのです。今のままでは、意味の無い浅薄な言葉しか操れない日本人ばかりになってしまうのではないでしょうか。
本線に戻ります。御殿場を過ぎ、右手に富士山が見える筈なのですが、愛憎ガスっていて、裾野や愛鷹山は見えるのですが本命の富士の雄姿は拝めず・・初夏のふじやまを愉しみにしてたのに!そうこうするうちに前方に新幹線の幅広な高架が見えてきて、それをくぐるとその先は終点沼津です。
快適ですが、あっという間の旅でした。沼津のことはまた今度・・・トリップトリップトリップトリップ

ぴったんこカンカン

ご案内の通り、先日ぴったんこカンカンで八幡鮨が放映されました。見て下さった方々、ありがとうございました。
じつは五代目、今日始めてじっくり録画をみました。あの番組全体としてはともかく、八幡の部分は「酷い」の一語に尽きます。うちの人間がまったく画面に出ないのです。別に映りたいとは思いませんが、早稲田の卒業式の日に、忙しい最中撮影に協力して、その結果がこれは酷いです。
収録では四代目のおやぢさんと丸山弁護士が本当に愉しそうに昔話に花を咲かせていたのです!私はもちろんテレビには素人ですが、素人の目から見てもおやぢさんとの昔話は必須だったとおもいます。番組をひとつの起承転結で見た場合間違いなく結びになったでしょう。
それともうひとつ。ナレーターの方がうちのまぐろを宮崎の「キハダまぐろ」と紹介してましたが、本まぐろです!あまりのいい加減さに呆れました。バラエティだから、といえばそれまでかもしれませんが、まだ腹のうちが収まりません・・・!
でもこのくらいにしておきましょう。書いていてひがみっぽくなってきました。今回はネガティブなブログでごめんなさい。

ラミティエさん、6周年おめでとうございます

このところ毎日入梅のようなお天気ですね。5月の第2日曜日の今日もなんだかパッとしませんでした。そんな日は家の掃除にかぎります。衣替えもありますから、それもかねて。掃除機かけて、雑巾がけ。お手洗いも磨き上げます。終わってみるとなんとも清々しい気分です。けっこう汗もかいて身体にもいいみたい!
運動ついでに池袋ウォーキングもしました。ちょこちょこお買い物をしておなかを空かせば、今夜はフレンチ・ビストロのラミティエさんで愉しい、美味しいお食事です。
いつものご夫妻と、お話をしながら素晴らしいお料理に舌鼓です。こんやのマイ・チョイスはスターターが仔うさぎのゼリー寄せ。メインに仔牛のブランケット(クリーム煮)ロックフォールチーズ風味、サフランライス添え。この選択、五代目の好みにドンぴしゃり!!ほんとうに美味すぎる。デセールはブランマンジェできまりです。
開店6周年を迎えたラミティエさん。おめでとうございます。これからもいつまでも私たちを愉しませてください!

河岸での食事

河岸での楽しみの一つが食事。
普段ひとりのときは
中栄さんのビーフカレーだったり、
うな鉄のうなぎだったり、
吉野家の牛丼(五代目は牛皿とご飯)
だったりします。

で、今回は家内と子供が一緒だったので、洋食豊ちゃんにしました。
ここのオムハヤシはむかしの食堂っぽくて好きです。オムライスも然り。
食後はデザートに茂助だんごのクリームあんみつ。オーバーカロリーな朝ごはんでした。

このところダイエットのため河岸ではなにも食べずにいましたが、やっぱり河岸の朝ごはんは美味い!