五代目のブログ

バラの季節

この時期は生命溢れる季節。

太陽は輝き、何種もの花が咲き乱れ、樹々は芽吹く。

梅雨の前の、最も過ごしやすい陽気のとき。

そんな中、近くのデパートでバラ展が開催されていたので見に行ってきました。

バラというからには屋上庭園で開催されているものと思っていたら、なんと屋内の会場です。

しかし、ここが屋内か?と見紛うほどよく作られていて、会場に足を踏み入れるとかぐわしいバラの香りが立ち込めています。

普段フラワーショップやお家の庭先で見かけるバラはだいたい決まった姿かたちをしていると思うのですが、バラ展で見るそれは、バラとはこうもとりどりの色や形をしているものかと感心するほど。

情熱的なものもあれば、しっとりと咲いているものもあり、見る人の心まで豊かにしてくれます。

会場の一角には瀟洒な洋館の庭先に上品でハイセンスなガーデニングを施している様を展示してあったり、お家の中に見立てた空間に効果的にアレンジメントしてあったりと、その部屋の中までお邪魔してお茶でもご馳走になってこようか、なんて気にすらなってっきます。

帰りには、会場の外でバラの即売会をやっていて、綺麗なプリザーブドローズをお土産に持って帰りました。

今後も綺麗な花の季節はまだまだ続きます。

次は百合園に行って見ようと思います。

花の季節。目の保養にいかがでしょう。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

ラ・フォル・ジュルネ2019

毎年この時期に開催されている音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ」。

東京国際フォーラムのたくさんのホールを使って多様・重層的に行われるコンサートイベントで、ずっと行ってみたいと思っていたものです。

今日のお目当の演奏は、曽我大介さん指揮の早稲田大学交響楽団(ワセオケ)公演。

曽我先生は八幡鮨のお客様でいらっしゃるうえ、楽団のヴァイオリンの子が今アルバイトで働いてくれているので、とても楽しみにしてきました。

そしてそして極め付けは、曲目がなんと「フィンガルの洞窟」ときているんです!

つい先週、それも平成最後に行ったコンサートがフィンガルでして、令和最初のコンサートもまたフィンガル。

こんなことってありますか(ちなみに昨日仕事中にBGMで偶然流れていたのもフィンガルなんです!)!

演奏会2曲の演目のうちのもう一つ、ベルリオーズのラコッツィ行進曲も華やかで聴きごたえ抜群。

先生の情熱的な指揮と相まって、ワセオケの演奏は素晴らしかった!

皆さんもぜひラ・フォル・ジュルネに足を運ばれてはいかがでしょうか。

良いゴールデンウィークを。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

〜令和の夜明け〜よろしくお願いいたします

改元おめでとうございます。

いよいよ令和になりましたね。

これからも八幡鮨を何卒よろしくお願いいたします。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

平成から令和へ

これを読まれるときはすでに年号が変わったあとの方もいらっしゃるでしょう。

5月1日に平成の時代から、新しい時代令和に元号が変わります。

時の流れは本当に早いもので、皇太子さまと雅子さまのご成婚はつい最近のように思っていたのですが、その皇太子さまがまもなく天皇になられるのですね。

令和の時代も平和と繁栄が続くよう願ってやみません。

そして30年間の平成の時代に感謝します。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

念願のフィンガルの洞窟

会いたい人に何十年と恋焦がれて、漸く出会えたような感動。

そんな感動を味わってきました。

それは人でなく音楽。

中学の頃に買った、オットー・クレンペラー指揮メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」。

そのB面に納められた「フィンガルの洞窟」(The Hebrides)は、聴くうちにだんだんと好きになり、毎年夏至の晩に「真夏」を聴くときに一緒に聴き込んで
きたものです。

ですから今日は感動もひとしおでした。

演奏会では土屋邦雄さん指揮、フィルハーモニア・アンサンブル東京さん演奏のコンサートで、オープニング曲として演奏されたフィンガル。

土屋先生のダイナミックな指揮と、楽団の滑らかであり力強い演奏は、荒々しい波が打ち寄せる洞窟を私の目の前に浮かび上がらせます。

終わったあと一人最後まで拍手をしてしまったほどです。

本当に本当に幸せな音楽会、幸せな時間でした。

素晴らしい贈り物をありがとうございました。

カテゴリー 五代目のブログ | 2 コメント

エンタツアチャコ

日本の漫才の祖でもあるエンタツアチャコさん(横山エンタツと花菱アチャコ)のサインがあります。

戦前から戦後にかけて絶大な人気を誇ったお二人。

このサインは戦後大隈講堂で演じた時のものだそうで、当時戸塚のボスだった当店二代目に描いてくれたもの。

これは四代目から聞いた話なのですが、戦後は漫才などの舞台ができる講堂といえば日比谷講堂と共立講堂、それに大隈講堂しかなかったそうです。

今では全てが歴史ですね。

幸い八幡鮨にはそういった歴史的なものが数多くありますので、これから少しずつですがお見せしていきたいと思います。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

京都で料理のお勉強③

竹茂楼さんでの食事のあと、車で京都の市内をいろいろと案内していただきました。

平安神宮に始まり、八坂神社、南座、二条城、京都御所などなど。

京都在住の方の説明はとても興味深く面白く、時間も瞬く間に過ぎてしまいます。

歩き疲れたわけではありませんが、佐竹さん行きつけの喫茶の名店「虎屋」さんでひと休みします。

東京の虎屋さんですお茶をしようと思っても、混んでいて店内に入るだけでもかなり待つことになりますが、こちらは待つこともなくすぐに案内していただけました。

虎屋さんのお庭はとても綺麗で、細部に至るまで手が行き届いています。

お庭!京都の凄いところのひとつはここなのですね。

パノラマ撮影で撮った写真でもお分かりのように、小ぢんまりした敷地の中に水路を配し築山とお社まであり、庭の中程は短く刈った芝にして広さを演出しています。

そんなステキなお庭を前に、外の席でお茶にします。

五代目は好物の白玉あんみつと抹茶のグラースを頂きましょう。

お庭を眺めながらの甘味とお茶は格別ですね。

その後、佐竹さんの道場を見学させていただき、四条の錦市場を案内していただいてから別れました。

夕暮れの先斗町をそぞろ歩き、夜の新幹線で東京に戻りました(京都に行って帰るときに「帰京」という言葉を使うのをどうも臆してしまって…)。

今回の京都への旅は、ステーキ四季さんや佐竹さんのお陰で、とても有意義なものになりました。

大変おおきに。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません

新元号

いま東京では桜が見頃を迎え、あちらこちらで満開の桜を見ることができます。

桜は花も葉もつけていないとどれが桜の木かあまり認識しませんが、こうして満開の桜を見ると、こんなにもたくさん、こんなにもいたるところに桜が植わっていたものかと感嘆するものです。

そしてこの季節はまた、新しい季節の始まりでもありますよね。

新しい学校、職場、生活が始まっている方も多いのではないでしょうか。

4月1日には新しい元号である「令和」も発表されました。

五代目はこの令和は良い印象として受け止めていますが、皆さんはどうでしょう。

開花した桜のように、令和の時代も平和で良い時代になりますように。

カテゴリー 五代目のブログ | コメントはありません
ページのトップへ▲