ディープ池袋

池袋には中国人が通う本場の中華料理のお店が何軒かあります。

そんな一軒、「永利」さんをお客様に教えていただき、行ってきました。

ここは四川料理を中心としたお店で、店員さんもみんな中国人。

満員の広い店内も半分以上が中国人のお客さんのようです。

混んでいてあまり長居できそうもないので、おすすめのメニューをパパッと注文します。

前菜には細切りじゃがいもの麻辣。本場の辛さなのでしょう、血行促進、いきなり新陳代謝がよくなります。

つづいて豚のスペアリブ。

ゴム手袋を嵌めて、骨と骨の間にある肉をしゃぶります。

これも中国文化ですね。

ハッカクが効いていておいしいです。

このお店の名物、クレープもお願いしました。

自分で包んでいただくのですが、中身は細切り豚の甘辛味噌炒め。

これが北京ダックそのものです!

北京ダックはかなり高価なのでそう何枚も食べられませんが、中身が豚肉なら遠慮は要りません。

シャキシャキの葱といっしょに包んで心ゆくまで堪能します。

鉄鍋餃子は熱いので、フーフーしながら冷めるまで待ってから食べます。

この歳になって猫舌なんて情けないですね。

最後の食事は定番のエビチリを頼んでしまいました。

わざわざディープなお店にきてエビチリはないだろう、と自分でも思いますが、ご飯とエビチリって美味しいんですよぉ。

ほぼ満腹になってきましたが、最後の最後にデザート代わりにアサリの焼そばと水餃子を20個ほど(3人でですよ)。

これでほんとうに打ち止めにします。

消化にいいようにお酢をたっぷり掛けてたべました。

ディープ池袋「永利」。おいしくて賑やかで愉しいお店でした。ディープ池袋ディープ池袋ディープ池袋ディープ池袋ディープ池袋ディープ池袋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です